米雇用統計

2010年12月

2010年12月3日(金)8:33

22:30=米雇用統計、予想は+14.5万人

【概要】 ドル円83.85(-0.34円)、NYダウ(+0.95%)、CME10315(+155円)
・新規失業保険申請件数は弱かった
・ECBは金利据え置き。トリシェ会見は「国債購入」について今まで通りは継続も、市場が期待していた拡大案を示唆しなかった
・GSが金融セクターの見通しを強気示唆


「米ドル売り+米株買い」の様相。やはり直近の動きは単なる利食いだったのか。材料は強弱分かれるが、ユーロドルが1.3ドルから反発し押し目形状に。一方で、ドル円は再び83円台に反落など上値が重い展開。CME225は米株高の影響を強く受け、+155円高となっている。今日の材料は、22時30分の米雇用統計、一本!

【チャート・銘柄・需給・ボラなど注目ポイント】 ちょうど米雇用統計の今日、米ドルへの注目がさらに集まるか。ユーロドルが1.3ドルから反発か、ドル円は85円トライできるのか。チャート的にも価格的にも注目の水準あたりで、雇用統計を迎えた。

【材料】 今週最大の山場、米雇用統計は22時30分。

【スワップ金利】 Foreland Onlineの首位が続く、首位が変わるまでコメント変えない予定。

【システムなど談話】
開発者A「将棋の竜王戦は、羽生vs渡辺。6戦目は負けたとはいえ、羽生さん、いつまでトップを維持するんだ!」
ロボット「バフェット ナミデスネ.」
開発者B「今日も行くぞ!」

2010年12月1日(水)9:33

12月入り、22:15=ADP雇用統計

【概要】 ドル円83.64(-0.20円)、NYダウ(-0.42%)、CME9935(-15円)
欧州財政不安がいまだ材料にされ、米株は続落。同様の理由でユーロも続落し、ユーロドルは1.3ドルを割り、ユーロ円も108円台を示現した。ドル円は83円台に、日経平均は底堅いものの1万円割れ。冴えない11月末となった。今日から12月入りとなり、週末の雇用統計まで重要指標の発表が続く。今日はADPやベージュブック。またスワップ3日デーとなる。

【チャート・銘柄・需給・ボラなど注目ポイント】 予定通りというか、ユーロドルが1.3ドル近辺へ。止まるならこのあたりか。止まらなければチャート分析的には、チャネルにしても値幅観測にしても再び1.2ドルを割る方向に向かう可能性。この場合、米株にも大きな影響がでる可能性大。平和に年末年始を迎えられそうだったが、今週雇用統計とかその辺で結果が出そうだ。

【材料】 今日から重要指標が続く。ADP、ベージュブックなど。そしてスワップ3日デー。

【スワップ金利】 Foreland Onlineの首位が続く、首位が変わるまでコメント変えない予定。

【システムなど談話】
開発者A「12月だ、12月だああ!!!!」
ロボット「システム イマイチ デスガ・・・」
開発者B「12月は気合いだ!」

2010年11月30日(火)14:08

11月末、米-消費者信頼感指数など材料

【概要】 ドル円84.26(+0.20円)、NYダウ(-0.36%)、CME10080(-40円)
米ドル買いのトレンドが続く。特にユーロに対して強く、ユーロドルは1.30ドル台、ユーロ円も110円台を示現した。ドル円は84円、日経平均は1万円近辺で底堅さ。ただ上海株の軟調さから、日本時間は日本株に下圧力がかかり、ドル円も84円ちょうど近辺まで落ちてきた。今日は11月最終営業日となる。海外時間は23時以降、複数の米指標が発表される。

【チャート・銘柄・需給・ボラなど注目ポイント】 ユーロドルが押し目水準の1.30ドル台を示現した。あとは押し目なのか、欧州財政不安を背景にドル買いとなるのか注目される。

【材料】 22:30にカナダのGDP。23時から米指標、S&P/ケースシラー住宅価格など。翌朝にバーナンキ氏の討論会も。

【スワップ金利】 Foreland Onlineの首位が続く、首位が変わるまでコメント変えない予定。

【システムなど談話】
開発者A「真央ちゃん、がんばれ!」
ロボット「ガンバレ!」
開発者B「お前が頑張れよ!」

2010年11月28日(日)16:30

週末に雇用統計、ドル円は85円トライ

【概要】 ドル円84.06(+0.46円)、NYダウ(-0.86%)、CME10015(-45円)
米ドル買いが止まらない。ドル円はついに84円台を示現し、今週85円を目指す動き。米株は下げ渋っているものの、以前のような強さはなし。またドル円と米株のはざまで日経平均は微妙な値動きに。今週から12月相場へ。いきなり金曜日に米雇用統計が発表される。

【チャート・銘柄・需給・ボラなど注目ポイント】 ドル円、ユーロドルのチャートが、中期的にも米ドル買いぽくなってきた。HFなどは今年全般的にかなり儲かった模様で、年末にかけての利食いとみられるが、ユーロ圏の財政問題は解決策というものが基本的にないために長引きそう。とにかくこの2年は結局、過剰流動性によるドルキャリーの買い相場だったね。まとめるのは1カ月早いけど・・・

【材料】 月初のイベント週。当然締めは米雇用統計。

今日の材料 (*為替リアルタイム)
11/28日 沖縄県知事選
11/29月 10:00=白川日銀総裁、講演
24:30=ダラス連銀製造業活動
11/30火 8:30=日-失業率
8:50=日-鉱工業生産
9:30=豪-経常収支
14:00=日-住宅着工戸数
不明=インドGDP
19:00=欧-CPI
22:30=加-GDP
23:00=米-S&P/ケースシラー住宅価格
23:45=米-シカゴ購買部協会景気指数
24:00=米-消費者信頼感指数
翌5:00=バーナンキFRB議長、討論会に参加
12/1水 マザーズとジャスダックに1社上場
9:30=豪-GDP
11時?=中-PMI
21:30=米-チャレンジャー人員削減数
22:15=米-ADP雇用統計
24:00=米-ISM製造業景況指数
翌4:00=米-ベージュ・ブック
スワップ3日デー
12/2木 9:30=豪-小売売上高
21:45=ECB金利発表(据え置き予想)
22:30=トリシェ総裁、会見
22:30=米-新規失業保険申請件数
24:00=米-中古住宅販売成約
サッカーW杯開催地決定
12/3金 16:45=トリシェECB総裁、講演
21:00=加-雇用ネット変化率
22:30=米-雇用統計
24:00=米-ISM非製造業景況指数
12/6月 24:00=加-Ivey購買部協会指数

【スワップ金利】 Foreland Onlineの首位が続く、首位が変わるまでコメント変えない予定。