7月米雇用統計の結果は予想よりも強かった

ダウ、ナスダックは続落し、ドル円は87円台で推移した

2010年7月1日からの週間日記

2010年7月2日(日)19:00

今日は21:30=米雇用統計

円の為替は雇用統計前にやや買い戻し、ユーロドルは高値もちあい。日経は引き続き弱く、個別は東芝が買われることもなく、GSユアサは暴落。みんな売りを探しているの。

今日は21:30に雇用統計。弱いのは織り込んでいるけど、今週の米指標はいずれも予想より弱い。中期的にはまだ下値余地があるので、普通なら買いたいけど、まだかな〜。今日の雇用統計はPCの前で張ってみよう。

2010年7月1日(日)18:45

日銀短観は強かったが、相場は壮絶に弱いよね

7月1日、ニューブログが正式にスタートということで。ドル円は88円割れを試す動きも、東京時間は持ちこたえる。日経は9200円も割った。小動き。日経は壮絶に弱い。今更売れず、突っ込んでもないので買えず。本を久々に読んでいた。

今日は夜に新規失業にISM。どうせならセリクラまで落ちてくれないと、新しくブログスタート後、いきなりサインが当分点灯しないなんてことになりそうだ。

2010年6月30日(日)19:15

米株、ドル円、日経のトリプル安の中、ADP雇用統計が発表

順張り的には為替株ともに売りがつづいているものの、売られ過ぎ水準に入ってきた。一段と売るにはさらなる材料が必要か。ってところでADP、日銀短観、米雇用統計と続く。日本は選挙前に正念場となった。

昨日利食いを入れて、今日は様子見でした。

2010年6月30日(日)

ブログのリニューアル

ブログを始めて5年になりますが、システムを自動で表示できるようになったので、ここ(http://gaitame.sportswalker.net/system/)でやることにしました。手動でのブログ更新は毎日夕方に予定していますが、システムは自動的に常に更新されています。

同時に、自分の投資も限りなくシステムトレード(自動売買)に近づける方向です。そこで、2010年6月30日の日経とドル円とシステム運用資産を100と指数化して、それぞれの推移を比較チャートにしています。またシステムでレンジ予測もしているので、その当り外れの推移もグラフにして表示しています。チャートグラフは最新の記事に表示しています。なおドル円は終値が早朝なので、週内は1日遅れとなります。

投資システム、レンジ予測システムそれぞれ(当然ですが)バックテストをしています。バックテストの期間はそれぞれ10年と5年を行い、直近3年間で、投資システムは年率換算25%程度増加し、レンジ予測は過去25日で約70%当るはず(あくまで「はず!」)です。なお投資システムは株は売りメイン、為替は売り買いフラットです。リスクは結構シビアで平均2%ぐらいしか負けないよねという感じなので、派手な推移カーブはしないはず(あくまで「はず!」です)。

ブログに表示するシステムについて今後、「よりリアルタイム価格に近付けるとか、通貨ペアや戦略を増やすとか」いろいろ考えていますが、とりあえず現状で様子見です。

過去のシステムトレード日記

2010年1週目2週目3週目4週目5週目
7月7-17-27-37-47-5
8月8-18-28-38-48-5
9月9-19-29-39-4-
10月10-110-210-310-410-5
11月11-111-2 11-311-4-
12月 12-1 -