米GDP

予測と結果

2010年11月26日(金)14:32

ドル円84円台トライへ

【概要】 「前日は米国の為替・株式市場が休み、今日は米株式市場が半日」とあって、ほとんど動きはない。しかし世界政治の中心が米国から中国へなんて意見もあるけど、そうなったら相場大丈夫か、今アメリカがんばりすぎだ。ドル円はドル買いを背景に底堅く84円台を試す動き、日経はそれを受け底堅く1万円を維持して推移。海外時間や週末は特に材料なし。もちろん北朝鮮をめぐる突然のニュース程度がなければいいが。

【チャート・銘柄・需給・ボラなど注目ポイント】 「ドル買いか、ドル安か」それが為替相場で最大の問題なのだけど、ユーロドルを見る限り、ユーロドル1.3ドルが分岐点か。ドル円は目先の84円台回復、そして85-90円のレンジとなるかどうか。欧州債務問題や東アジアの地政学的リスクなど、ドル買いの材料に注目が集まっているが。

【材料】 米国の株式市場が半日立会で、材料が乏しい。

【スワップ金利】 Foreland Onlineの首位が続く、首位が変わるまでコメント変えない予定。

【システムなど談話】
開発者A「11月も今日含めて、あと3営業日か・・・」
ロボット「ソウイウノハ システムニ フクメテナイヨ.」
開発者B「がんがんいこうぜ!」

2010年11月25日(木)8:31

米国は感謝祭で休日

【概要】 ドル円83.53(+0.41円)、NYダウ(+1.37%)、CME10130(+90円)
材料は特にないが、米株はとにかく強い。昨日の下げ分をすべて取り戻す上昇。経済指標はまちまち、欧州は特に好転しておらず、北朝鮮も不透明感はあるものの、とにかく上がった。ドル円やクロス円もほぼ下げ分を取り戻す展開、さすがスワップ3日デー。今日は米国が感謝祭で休日、材料も乏しい。為替、株ともに堅調な動きが続くのか。

【チャート・銘柄・需給・ボラなど注目ポイント】 ドル円が今日も続伸すれば、ほぼ6か月ぶりに日足の雲を抜ける形で好転する。そうなると当然85円トライとなり、年末は85-90円のレンジとなる可能性。そうなれば日本株も底堅さを示すだろうし、日本の政治はグダグダだけど案外いい感じで来年に突入するかもね。

【材料】 米国が感謝祭で休場のため、材料もまばら。

【スワップ金利】 Foreland Onlineの首位が続く、首位が変わるまでコメント変えない予定。

【システムなど談話】
開発者A「体調が悪くなるぎざしがあるように、相場が悪くなるきざしがあるのかも。」
ロボット「?」
開発者B「腹式呼吸しておけば、いいんだよ!」

2010年11月24日(水)7:58

北朝鮮とスワップ3日デー

【概要】 ドル円83.12(-0.13円)、NYダウ(-1.27%)、CME225/円建9855(-265円)
北朝鮮、欧州財政、米インサイダーと悪材料が続き、欧米株は大幅下落。CMEも久々に大きめのGDとなっている。有事のドル買いも加わり、ユーロドルは1.33ドル台を示現。ただドル円はクロス円の下落につられ、83円を中心に方向感なし。あまりいいニュースはないけど、今日はスワップ3日デーで、明日は米休場。

【チャート・銘柄・需給・ボラなど注目ポイント】 ユーロドルが1.4ドル示現後に、材料を伴い下落中。規則正しい動きで、チャートはきれい。一方、ドル円は値動きが小さく、チャートがきたない。チャーティストならどちらに投資するべきか明確だけど、(そんなものないかもだけど)適正価格を考慮して、単純に価格で投資をするならどっちでもいい雰囲気。平均1.4ドルで売っておけば、今頃ね。

【材料】 今日も米指標が豊富。耐久財にミシガン、新築住宅販売。そしてスワップ3日デー。

【スワップ金利】 Foreland Onlineの首位が続く、首位が変わるまでコメント変えない予定。

【システムなど談話】
開発者A「北朝鮮ニュースで持ちきりですね。」
開発者B「竜馬伝の岩崎弥太郎がいたら、武器を買って買って買いまくれ〜。これで金持ちになるんや〜、と言ってそうだ!」
ロボット「ブキショウニン ヨクナイ・・・」

2010年11月23日(火)9:25

22:30=米GDP

【概要】 ドル円83.25(-0.19円)、NYダウ(-0.22%)、CME225/円建10095(-25円)
欧州財政不安、米インサイダー取引疑惑がマイナス要素で、HPの好決算がプラス要素。結果、米株はまちまちで引けた。ただ全般底堅さを示しており、いつもの米国市場だ。為替相場はユーロがGUで始まるも、その後ウップス気味に下落。ドル安の押し目か、ドル買いへの転換か微妙なところ。今日は東京市場が休場で、NY時間には米GDPなど重要な経済指標の発表が続く。

【チャート・銘柄・需給・ボラなど注目ポイント】 ダウは、世界で一番大切な指数の1つだろう。そのダウ、今週売りに転じるリスクもあったが、月曜日の動きは底堅さを示した。「米株買い+ドル安」のトレンドで変化週ということで反転の可能性もあったが、単純に押し目なのかもしれない。

【材料】 今日は材料豊富。22:30の米GDP、24時の中古住宅販売件数、そして翌朝4時のFOMC議事録。

【スワップ金利】 Foreland Onlineの首位が続く、首位が変わるまでコメント変えない予定。

【システムなど談話】
開発者A「政治家って、自分の事は棚に上げて、他人の事だと偉そうに言うな〜。でも人間はそういう傾向なのかも、俺も人のこと言えない。」
ロボット「・・・」
開発者B「仏教に八正道というのがあってだな、まああれだ。TV見て不快になるなら、TVなんか消せばいいんだ!」

2010年11月21日(日)15:47

今週は火=日本休場、木=米国休場

【概要】 ドル円83.44(-0.09円)、NYダウ(+0.20%)、CME225/円建10095(+45円)
中国利上げも、米株・ドル円ともに底堅い動き。CMEは45円高で引けている。一方で、原油など資源や、豪ドルなど資源通貨は弱め。中期システムはクロス円に続き、ドル円も買いに転じた。今週は変化週となっており、これまでの米株高・米ドル安の流れが変わるか注目される。なお今週は火の米GDP、水の米耐久財など週中に材料が集中している。

【チャート・銘柄・需給・ボラなど注目ポイント】 ドル円はじり高で、システム的にも好転し84円台を目指す動き。ただ値動きはかなり小さい。HVで7%台。トレンドは歴史的な最低水準から上昇中で、(上下どちらか分からないが)どこかで大きく動く可能性をはらみながらの上昇となる。

【材料】 今週は日米で1日休場。火・水曜日に材料が集中。

今日の材料 (*為替リアルタイム)
11/22月 22:30=米-シカゴ連銀指数
HPなど米決算
11/23火 東京休場(勤労感謝の日)
21:00=加-CPI
22:30=米-GDP、個人消費
24:00=米-中古住宅販売件数、リッチモンド指数
翌4:00=米-FOMC議事録
11/24水 18:00=独-IFO
18:30=英-GDP
22:30=米-耐久財受注、個人所得・支出、PCEデフレータ、新規失業保険申請件数
23:55=米-ミシガン大学指数
24:00=米-新築住宅販売件数
ティファニーなど米決算
スワップ3日デー
11/25木 日本株の11月末権利付、最終売買日
米国休場(感謝祭)
19:00=英-キングBOE総裁講演
11/26金 8:30=日-CPI
11/28日 沖縄県知事選

【スワップ金利】 Foreland Onlineの首位が続く、首位が変わるまでコメント変えない予定。

【システムなど談話】
開発者A「明日からくりっく株365が始まるな、先物から人が流れそう。」
ロボット「ワタシニハ カンケイナシ.」
開発者B「決済期限がないのは、個人に好まれそうだね!」

関連ページ自動売買サービス提供のFX会社比較著名なシステムのバックテスト

過去のシステムトレード日記

2010年1週目2週目3週目4週目5週目
7月7-17-27-37-47-5
8月8-18-28-38-48-5
9月9-19-29-39-4-
10月10-110-210-310-410-5
11月11-111-2 11-311-4-
12月 12-1 -