2010年9月FOMCの週

据え置き、金融緩和継続

2010年9月24日(金)20:34

介入じゃない?

【概要】 東京時間午後、ドル円上にぶっ飛び85円台回復。また円売り介入か?と思わせたが、政府高官は「ノーコメント」、、、?。中国人の解放関係や白川日銀総裁の辞任など様々な噂が出たが真相ははっきりせず、相場も失速。さらに欧州時間に入り売りが続き、ドル円は84円台前半へ・・・今晩は重要な米指標や、バーナンキ発言など材料豊富。

【チャート・銘柄・需給・ボラなど注目ポイント】
ドル円、日経ともに買い継続かと思われたが、海外時間次第とはいえ非常に微妙。米株の上値も限定的の様相で、来週は9月最終週でドレッシング買いが期待できそうだが、チャート的には売り圧力が強くなりそうだ。

【材料】 21:30の耐久財受注、23時の新築住宅販売件数に注目。その他、早朝5時になるけど、バーナンキさんの発言も。

【スワップ金利】 毎日同じだけどForeland Onlineが1位!1日でも首位交代があったら、コメントを変えよう。

【システム談話】
開発者A「もうやだ.」
ロボット「ドウシマシタ?」
開発者A「来月から値上げだし、たばこ止めるか。俺が席を立つと介入しやがる。」
ロボット「アレ システム ジドウカ シマセンデシタ?」
開発者A「注文を一度はずし、ボタン押し直前で席を立った。もう禁煙宣言だ!」
ロボット「マア ハネタトコロヲ ウリ ガセイカイデシタケドネ・・・」

2010年9月23日(木)10:56

2回目の介入はあるのか

【概要】 昨日は米株一服、ドル円は一時84円前半まで下落した。昨日のカナダ、今朝のNZと弱い経済指標の発表でクロス円も軟調地合いも、ユーロは強い。明日にも2度目の介入があるかもとの思惑もあり下げ渋っているものの、今日は主なアジア市場が休みで、夜には米住宅指標など材料がそこそこある。

【チャート・銘柄・需給・ボラなど注目ポイント】
米株一服も売られる様子はなく、依然買い基調が強そう。ただダウが上値の節目あたりで止まった。今夜上に抜けられるか注目される。ドル円も一目では転換線まで調整した。こちらも今週85円を回復できないようでは、来週からまた介入頼みになりそうだ。

【材料】 21:30の新規失業保険申請件数、23時の中古住宅販売件数に注目。その他、要人発言も確認。

【スワップ金利】 毎日同じだけどForeland Onlineが1位!1日でも首位交代があったら、コメントを変えよう。

【システム談話】
開発者A「昨夜は勝った気でいました。指値に7tick届いてね〜」
ロボット「ザンネン デスネ.」
開発者A「恐れと欲が出た、今日も我慢だ。」
ロボット「ツイカノ リスク トリマス?」
開発者A「いや、このままで動かず。動かざること山の如しってやつだ。」

2010年9月22日(水)10:58

介入後初のドル円85円割れ

【概要】 FOMCはサプライズなしも、声明文で近い将来の金融緩和が示唆され、米ドル売り・米株買い。ナスダックは一服も米株は全般底堅い一方で、ドル円は介入後初めて85円割れを示現した。今晩は夕方にBOE議事録など、米指標はない。

【チャート・銘柄・需給・ボラなど注目ポイント】
ダウが4月高値を目指すか上値の節目。為替相場はドル売り・ユーロ買い。高金利のオセアニアも強い。需給も良好も、日本人にとって重要なドル円は弱い。6連休を取っている人も多そうなカレンダーの中、明日も東京市場はお休み。

【材料】 今日は材料乏しく、明日から米指標など週末へ。今日は水曜日もカレンダーの関係で、スワップ3日デーではないです。

【スワップ金利】 毎日同じだけどForeland Onlineが1位!1日でも首位交代があったら、コメントを変えよう。

【システム談話】
開発者A「釧路に行ってきました!早朝におきてシステム動かしていたよ。」
ロボット「デモ トントンデスネ.」
開発者A「うん、微妙だね。今月もあと6営業日程度か。」
ロボット「シュウシモ トントンマデ モドシタイデスネ.」
開発者A「そうだけど、焦らず、考えず。」

2010年9月18日(土)13:40

FOMCと日中休場の週

【概要】 ナスダック8連騰で金融市場は堅調も、ドル円は86円に乗せられず。中期システムが買いに転じる中、日中で休場が多い来週に再び86円トライとなる。来週はFOMCが最大の材料だが、「据え置き+金融緩和示唆」はすでに織り込み済みか。

【チャート・銘柄・需給・ボラなど注目ポイント】
先週の円売り介入でドル円は85円を回復したものの、トレンドは弱い。米株高や需給的にも悪くなく、この外部環境で上にブレイクできなければ、かなり重症。懸念とすれば、金が強い一方で原油が弱いのは、景気の先行きに不透明感がある兆しか。また今週は日中で休日が多く、GWのように仕掛け的な売りが出るリスクも。

【材料】 火曜日のFOMCが最大の材料。週末は米住宅指標や政府高官の講演など。

【スワップ金利】 毎日同じだけどForeland Onlineが1位!1日でも首位交代があったら、コメントを変えよう。

【システム談話】
開発者A「すまん。システムとめた後、深夜にポジション持ったよ。」
ロボット「ベツニイイデスケド Why?」
開発者A「う〜ん、焦りかな。旅行先にPC持っていかなくては!」
開発者A「しかし、高校生が店内でポケモンやってたんだけど。面白いのかね?私は高校時代、ぜんぜんゲームしなかったな。大学生になったら再開したけど。」
ロボット「ソンナコトヨリ コウコウジダイニ ニンテンドウノカブ ヲカッテイレバ・・・」
開発者A「投資もゲームも全く興味なかった、高校時代・・・」

2010年9月18日(土)13:40

FOMCと日中休場の週

【概要】 ナスダック8連騰で金融市場は堅調も、ドル円は86円に乗せられず。中期システムが買いに転じる中、日中で休場が多い来週に再び86円トライとなる。来週はFOMCが最大の材料だが、「据え置き+金融緩和示唆」はすでに織り込み済みか。

【チャート・銘柄・需給・ボラなど注目ポイント】
先週の円売り介入でドル円は85円を回復したものの、トレンドは弱い。米株高や需給的にも悪くなく、この外部環境で上にブレイクできなければ、かなり重症。懸念とすれば、金が強い一方で原油が弱いのは、景気の先行きに不透明感がある兆しか。また今週は日中で休日が多く、GWのように仕掛け的な売りが出るリスクも。

【材料】 火曜日のFOMCが最大の材料。週末は米住宅指標や政府高官の講演など。

今日の材料 (*為替リアルタイム)
9/19日 スウェーデン総選挙
9/20月 日本休場
21:30=加-国際証券取扱高
23:00=米-NAHB住宅市場指数
9/21火 20:00=加-CPI
21:30=米-住宅着工件数
27:15=米-FOMC金利(据え置き予想)
9/22水 上海休場
17:30=英-BOE議事録
21:30=加-小売売上高
9/23木 7:45=NZ-GDP
東京、香港、上海休場
21:30=米-新規失業保険申請件数
23:00=米-中古住宅販売件数
ガイトナー米財務長官の講演
9/24金 上海休場
17:00=独-IFO景気動向
21:30=米-耐久財受注
23:00=米-新築住宅販売件数
バーナンキFRB議長の講演
9/26日 白川日銀総裁の講演

【スワップ金利】 毎日同じだけどForeland Onlineが1位!1日でも首位交代があったら、コメントを変えよう。