消費者物価指数は予想とおり

円売り介入はサプライズ

2010年9月17日(金)13:00

86円トライ

【概要】 円売り介入の翌日も、次の介入観測もあり底堅さ。ドル円は86円手前で止められているが、乗せるのは時間の問題か。日経も3連休前だが底堅さを示し9600円台へ。脱小沢のNew菅政権の顔ぶれがそろう中、目先堅調な動きが続いている。今晩は7連騰中のナスダックを背景に、米CPIやミシガン指数で週末を締めくくる。

【チャート・銘柄・需給・ボラなど注目ポイント】
米株は8月高値手前でじり高。需給など見ると反落の雰囲気はないが、東京3連休前の週末。 また金価格は止まることなく1300ドル台へ乗せそうだ、円安で国内の金価格も3500円あたりまで急騰中。

【材料】 21:30に米CPI、23時にミシガン大学指数。なお今日は週末。

【スワップ金利】 毎日同じだけどForeland Onlineが1位!1日でも首位交代があったら、コメントを変えよう。

【システム談話】
開発者A「3連休は、小旅行に行ってくるよ。」
ロボット「システム ハ ドウシマス?」
開発者A「止めとく、一応PC持っていくけど。」
ロボット「ワタシモ ヤスミデスネ!」
開発者A「うん、今日の夜までがんばって!でもノーポジかな?」
ロボット「96%ノカクリツデ ノーポジデス.」

2010年9月16日(木)8:51

過去最大、2兆円の介入

【概要】 海外時間も円売り介入は継続し2兆円に上るとか、事業仕訳で数千億コストカットだっけ?(過去の介入で30兆円損しているらしいけど・・・)ただその甲斐あって、ドル円は85円半ばで底堅く、米株もプラスで引けた。今晩は米PPIやフィリーが注目されている。

【チャート・銘柄・需給・ボラなど注目ポイント】
基本的にすべて買い形状。さすが財務省、でも他人の金(税金)なら怖くないよね。

【材料】 米指標が豊富。21:30に米PPI、22時にネット長期TICフロー、23時にフィリー。

【スワップ金利】 毎日同じだけどForeland Onlineが1位!1日でも首位交代があったら、コメントを変えよう。

【システム談話】
開発者A「システム投資は継続するけど、俺、近く逆張りで中期売りポジション持つよ。」
ロボット「Why?」
開発者A「秋以降に下がるという予想投資だよ。そういうのはハイリスクハイリターンって言ってなかったかって?いいんだよ、俺は直感を信じるタイプなんだ!」
ロボット「システムハキョウ チャンスナシ ポイデス.」
開発者A「うむ、我慢だな。」

2010年9月15日(水)18:21

介入で85円台回復

【概要】 菅再選の翌日にドル買い円売り介入が行われ、ドル円85円台回復。タイミング抜群で、クロス円も急伸、日経平均も9500円を回復した。どこまで戻すか分からないが、これで日本は最後の切り札を抜いたことになる。今晩は21:30のNY連銀など米指標が発表され、スワップ3日デーとなる。

【チャート・銘柄・需給・ボラなど注目ポイント】
米株はシステム障害で急落したGW前の4月高値を目指す動き、ダウはあと1000ドル。なお日経はあと11400円あたりで、ドル円は5月だが95円あたりが高値。著名投資家W・バフェット氏が予想するように2番底がなければこの辺りを超えてきそうだが、一般的には秋から年末にかけて2番底懸念は強い。

【材料】 21:30にNY連銀、22:15に鉱工業生産。またスワップ3日デーとなる。

【スワップ金利】 毎日同じだけどForeland Onlineが1位!1日でも首位交代があったら、コメントを変えよう。

【システム談話】
開発者A「介入爆上げ、今日は取ったよね?」
ロボット「タバコ.キュウケイ.ソンキリノミ.ノーエントリー.」
開発者A「ドテンもしっかりシステム化しとけよ!あ〜、たしかにドテンは見ながらだ、裁量入れていたよ。」
開発者A「あと記憶をたどると、ユーロは良い思い出より悪い思い出が多い。この通貨好きじゃない。」
ロボット「バックテストモ イマイチデスシネ.」
開発者A「ユーロ外すか。ドル円、ポンド、豪ドルが好きだよ。今日はこたえたよ・・・」

2010年9月14日(火)11:40

民主党代表選。結果は15〜16時に発表予定

【概要】 世界各国の株価は上昇も、日本株は弱。その要因の1つにドル円の弱さが挙げられる。と9月入りも何も変わってなし。今日は16時までには民主党代表選の結果が発表される予定で、市場コンセンサスは「菅なら円高株安、小沢なら円安株高」。そう単純に動くか分からないが、東京が締まった後、海外時間で反応が問われる。国内材料なのに、なぜ!東京時間に発表しない・・・

【チャート・銘柄・需給・ボラなど注目ポイント】
まずドル円が過去の相場と比較しても、弱く動かない期間が長い。当然、どこかでどちらかに放れるわけだが、タイミング的には民主党代表選は材料となりえるか。株価はダウは10500ドル、日経は9300円と1000pt以上差がつくほど、海外市場は強く日本市場は弱い。あまり関係ないけど、インド株とかすごい強い。(インドカレー屋に入ると、インド人が踊っているTVがよく映っているが、相場も国民性もノリノリだ。)

【材料】 国内的には民主党代表選も、18時には独ZEW、21:30には米小売と今晩は材料豊富。

今日の材料 (*為替リアルタイム)