BOE四半期インフレ報告

ポンドが上昇した

2010年11月12日(金)8:26

米株、ユーロが軟調

【概要】 ドル円82.52(+0.26円)、NYダウ(-0.65%)、CME225/円建9845(-15円)
シスコシステムズが16%の下落で米株を下押し、アイルランドの格付け見通しでユーロも下落した。ドル円は82円半ばで底堅く、全般ドル買い戻しとなっている。G20では米中首脳会談はいつも通りで「米国は人民元何とかしろ、中国はいやいやしているでしょ」の問答。今日は週末、23時55分にミシガンなどが発表される。

【チャート・銘柄・需給・ボラなど注目ポイント】 ドル円の底堅さが続く一方、ユーロドルは軟調継続。5か月ぶりに月足の安値を割りそうで、ドル買い戻しの様相。半値押しとなるならば、目標は1.3ドル。短期的には十分な値幅か。

【材料】 週末。メガバンの決算>欧州GDP>ミシガンと材料が続く。

【スワップ金利】 Foreland Onlineの首位が続く、首位が変わるまでコメント変えない予定。

【システムなど談話】
開発者A「ブラウザゲームが流行っているらしいね。怪盗ロワイヤルのTVCM、戦国IXAのYahoo広告はよく見るね。」
ロボット「2432、3632。カブカハ マアマアデスネ.」
開発者B「流行りから経済を知るってやつですね!」

2010年11月11日(木)16:54

米休場、ドル円82円台で小動き

【概要】 株式相場は、日米共に高値圏で底堅い動き。為替相場はドル円が82円後半まで続伸も、今日は米休場をみこしてか小動き。いやしかしスワップ3日デーの水曜日は底堅い日が多いね。なお明日は日本株のオプション日、静かな夜となるのか。G20での通貨政策は特に波乱なしと予想されている。

【チャート・銘柄・需給・ボラなど注目ポイント】 80円割れを回避し、82円台のドル円。今までの動きを見ていると反発入りとは安易に考えられないが、需給は改善中で戻す可能性もある。その際の目途としては85円あたりか。ドル円は5円刻みでレンジを作ることで有名で、そこを超えれば90円を目指す可能性もある。が雰囲気はない。

【材料】 米債権・為替市場が休みで材料に乏しい。ただし米株は通常取引です。

【スワップ金利】 Foreland Onlineの首位が続く、首位が変わるまでコメント変えない予定。

【システム談話】
開発者A「週末、システムを少し変えます。」
ロボット「リョウカイ.」
開発者B「元気があれば何でもできる!」

2010年11月10日(水)14:58

ドル円切り返し、82円トライ

【概要】 「米ドル安+米株高」の基調もそろそろか、高値達成で上値が重い。ただNY金(ゴールド)はまだまだ上がる、友人が親のアドバイスで4〜5年前に金買ってたけど大正解だな。 それはいいとして、ドル円は81円後半へ切り返し。それを受け日経平均も9800円に乗せてきた。英BOE、米貿易収支、スワップ3日デーと今週の山場で82円回復となるのか。

【チャート・銘柄・需給・ボラなど注目ポイント】 短期的に米株やユーロドルはやや上値が重いものの、中期的には日柄値幅ともにまだ上昇余地はあり。特にユーロドルは1.4ドル半ばを超えてくれば、1.5ドル台が視野に入る。2010年の年初、年末の相場崩壊予想が多かったが、格言通り「よそうはうそよ」(どっちから読んでも同じ・・・)となりそうだ。

【材料】 19時30分のBOE四半期インフレ報告、22時30分の米貿易収支と今週一番の山場。またスワップ3日デー。

【スワップ金利】 Foreland Onlineの首位が続く、首位が変わるまでコメント変えない予定。

【システム談話】
開発者A「猫の体調が悪い・・・」
ロボット「ビョウインヘ イソイデ!」
開発者B「投資も猫のように柔らかくね。」

2010年11月9日(火)14:11

ドル円80円台に反落

【概要】 中国の資本流入に対する規制案を材料に、昼過ぎに円高。ドル円は80円台に反落し、欧州財政不安が残るユーロも対円で112円前半まで売られている。直近急騰している株式相場は昨日もNYは底堅く、それを受けて日本株も円高の中だが、底堅さを示している。今日は18時30分の英国の鉱工業生産に注目が集まる。

【チャート・銘柄・需給・ボラなど注目ポイント】 FOMC通過で急騰した株式相場と比較しても、ドル円の上値の重さが目立つ。チャート、需給、ボラともに底を付けた雰囲気はなく、引き続き80円割れのリスクが存在する。まあドル安の裏で、ついにNY金が1400ドル台を突破したのだが・・・

【材料】 18時30分の英-鉱工業生産が今日一番の材料か。米指標は24時の卸売在庫。

【スワップ金利】 Foreland Onlineの首位が続く、首位が変わるまでコメント変えない予定。

【システム談話】
開発者A「心のバランス崩してシステム止めたら、ユーロ下がり始めたよ。」
ロボット「トメタアナタガ ワルイデスネ.」
開発者B「今月はこれからだろ!」

2010年11月7日(日)15:19

NZドル強く、65円手前に

【概要】 FOMC、雇用統計を通過した相場は上に離れた。特に米株はリーマンショック前の水準を回復するなど強い。為替相場はドル安の大きな流れは変わらずも、ユーロの頭は重く、NZドルが強いなど個別通貨により強弱は分かれる。今週は材料が乏しいが変化週に当たる。ドル円の80円割れには引き続き注意が必要か。

【チャート・銘柄・需給・ボラなど注目ポイント】 これが世界的な金融相場か。米ナスダックなどリーマン・ショック前の水準を超えて、2007年高値を目指す動き、強すぎる。一方日本株はドル円の弱さを受けてか、弱い。ドル円は100円、日本株は12000円とか数年回復しないんじゃないかなと思えるほどのチャート。となると期待を持って中長期投資できるのはクロス円か・・・

【材料】 先週と一転、材料に乏しい週。水曜日の英BOEと米貿易収支あたりが山場。日本株は週末のメガバンク決算とオプションなどが材料。

今日の材料 (*為替リアルタイム)
11/7日 冬時間に(米指標の中心は22:30に)
11/8月 【決算】13時=ダイワボウ。15時=住友鉱山、日本製鋼所。未定=いすゞ。
日-携帯電話契約数
22:15=加-住宅着工件数
11/9火 【決算】13時=大林組、三越伊勢丹。14時=大和ハウス。15時=東芝、大京、NTT、セコム。
13:30=日-企業倒産件数
15:00=日-工作機械受注
18:30=英-鉱工業生産など
24:00=米-卸売在庫
11/10水 【決算】14時=鬼怒川ゴム。15時=博報堂、電通、黒崎播磨、パイオニア。未定=新生銀行。
19:30=英-BOE四半期インフレ報告
22:30=米-貿易収支、新規失業保険申請件数
翌4:00=米-月次財政収支
スワップ3日デー
シスコ・システムズ(引け後)など米決算
11/11木 【決算】15時=DOWA。16時=GSユアサ。
株式投信の設定、上限500億円
G20@韓国
東京都心オフィス空室率
8:50=日-機械受注
9:30=豪-失業率
11:00=中-CPIなど
米為替・債権は休場、株は取引される
ディズニー(翌6時)など米決算
11/12金 【決算】14時=住友信託。15時=りそな、第一生命。16時=みずほ。17時=三井住友。(*三菱UFJは15日の16時)
日本株オプションSQ
16:00=独-GDP
19:00=欧-GDP
23:55=米-ミシガン大学指数
11/13土 APEC首脳会議
日米首脳会談

【スワップ金利】 Foreland Onlineの首位が続く、首位が変わるまでコメント変えない予定。

【システム談話】
開発者A「FOMCとか雇用統計とか気にしていたら、システム運用できないね。」
ロボット「ソンナコト ワカリキッテマスケド?」
開発者A「いや頭でわかるのと、、、いや言い訳なんだ。相場と資産の比較推移がすべてを表している。」
開発者B(初登場)「とりあえず、元気出していこうや!」

関連ページ自動売買サービス提供のFX会社比較著名なシステムのバックテスト

過去のシステムトレード日記

2010年1週目2週目3週目4週目5週目
7月7-17-27-37-47-5
8月8-18-28-38-48-5
9月9-19-29-39-4-
10月10-110-210-310-410-5
11月11-111-2 11-311-4-
12月 12-1 -