菅総理の円高対策期待で買い戻し

白川日銀総裁との会談は電話で15分だった

2010年8月27日(金)11:16

週末と米GDP

昨日のNY株は反落、ドル円も85円回復はならなかった。
特別の材料はなかった、今夜の米GDPとバーナンキ講演に注目が集まっている。
為替・株ともに下落トレンドの売られ過ぎ水準で、月末の週末を迎える。

中期のチャートは崩れている、ダウの売り転もほぼ間違いなし。
ただし短期的には売られ過ぎとなっており、どこかで反発の可能性。
ボラ自体は大きくなく買い手不在の相場なので、反発と言っても売り方の買い戻し程度となりそうだが。

【材料】 21:30の米GDP、22:55のミシガン、そしてバーナンキ氏の講演。

【スワップ金利】 今日もまた「Forelandの豪ドル円107円で1位」、としか書くことなし。

【システム】 なぜかサブシステムがうまくいっている。私の思いや感情はストレスだけ増やして、まったく無駄だな。
私は貝になりたいという映画があったけど、私は投資ロボットになりたい。コンニチハ ボク トウシロボット デス・・・

2010年8月26日(木)10:03

反発。スワップ3日デー1枚で300円超へ

昨日のNY株は弱い指標もあったが切り返し、ドル円も84円後半までの戻した。
特に買い材料はなく、売り方の買い戻しの模様。スワップ3日デー狙いの方、おめでとうございます。今晩の材料は、21時30分の新規失業保険など小粒。

今朝、民主党代表選に小沢氏が出るとのニュース。特に材料とはなっていない。 読書好きの私だが、この人の本は読んだことがないし興味もない。でもマスコミがこれほど悪くいうのだから、よほど良い人なのだろう。相場もニュースも、基本マスコミの逆張りです。

さてチャートは崩れたが、昨日ナスダックは安いところから切り返した。
ユーロドルも踏ん張っており、8月末に向けて短期的に反発するか注目される。
現状、短期的にはやや売られ過ぎとなっている。

【材料】 21:30の新規失業保険申請件数ていど。

【スワップ金利】 Forelandの豪ドル円スワップ3日、1枚で300円超え。狙っていた方、おめでとうございます。

【システム】 売り遅れた売りポジが残っているのみ。今回は損にはならなければOKとの気持ち。

2010年8月25日(水)15:20

明るい材料?あります

昨日はご存じのとおり、ドル円は83円台を示現。遠くない将来の80円割れも見えてきた。
米株も売られ外部環境も悪化している。政府日銀の口先介入は続くが具体案なし。
今晩は21:30に耐久財、23時に新築住宅販売件数が発表される。
暗い話題が多いのであえて明るいものを探すと、

Foreland Online豪ドル金利が107円、きてます!しかも本日スワップ3日デー。ここで介入により短期的にも円安になれば、熱い!唯一の明るい話題ですね。

チャート的には週初めから伝えているように、崩れている。ただ短期的にはやや売られ過ぎにある。個人的にはドル円がずっと揉んでいたので、ボリンジャー的にまだ下値余地が十分な点を気にしている。

ニュースメディアでは、為替介入しろとの声が大きいけど、
しょぼい単独介入が最後の切り札というのを見せたら、
もう売り方怖いものなしになるんじゃないの?

【材料】 21:30の耐久財と、23時の新築住宅販売件数に注目。その他スワップ3日デー。

【システム】 システムはドル円、日経の指数の値動きに連動させる予定で作られているのだが、
今回のサブ追加により、現状完全にサブ指数に連動してしまった。
相関性薄いんだから、完全に分けて運用するべきだった。全体でリスクだけ抑制して。
感情の排除。ツギカラ ソウシヨウ。

2010年8月24日(火)10:27

日経9000円割れ

週明け、菅・日銀会談は電話で15分と伝わり、期待は肩透かしに終わった。
その後も口先介入の材料は出たがクロス円の下落は続き、日経は今朝9000円を割った。
特にユーロは弱く107円前半の年初来安値、割れトライへ。
今晩は23時に米中古住宅販売件数が発表される。

チャート的にはダウも限界か。システム通り欧州通貨が弱まり、
米ドル買い米株売りぽくなってきた。ドル円は引き続き動かない。
日経は9000円割れで普通なら買いぽいが、ドル円同様終わりなきジリ安の雰囲気が強い。

【材料】 23時に今週注目の材料の1つ、米中古住宅販売件数が発表される。

【スワップ】 今日もForelandが1位です。

【システム】 この下げ相場の中、プラス推移。対象銘柄を増やしたことが幸いした。
しかしその裏で本命の売りを発動させなかったので、機会損失を生んだ。
投資対象を増やしたのは安定性の向上を期待してなのだが、ロットを分けた分
パフォーマンスは高くなかった。個々の投資と全体のバランスは難しい。
気持ち的に売り買い混在のポジションは嫌いだけど、取り入れるべきかな。

2010年8月22日(日)16:40

政府日銀の対応は

週末のNY株はまちまち、為替もややドル買い模様も大きな動きはなかった。
週明け菅・日銀の会談予定も、今朝TV見ていたら決まってないと政府高官が言っていたが・・・
日銀のオペ拡大が予想されているがそんな量的緩和で、世界の金融相場の流れが変わるのか。今週は複数の米住宅指標や、週末の英米のGDPが注目されている。

中期システム的には底堅かったた豪ドル円やユーロドルが売りに転じた。ダウも買いサインが消えた。また続けてだが、今週も変化週となる。
粘るダウだが今週売られるとキツイ。またユーロがチャート、需給ともに
悪化しており、米ドル買い・米株売りのトレンドになる可能性も。
ドル円はとにかく、85円を中心に動かない。放れるのを待つしかない感じ。

風邪の原因の1つがたばこによる慢性的な炎症のような気がして、たばこを止めるか検討中。値上げ間近だし、止めるにはいい時期か。

【材料】 週半ばの米住宅指標と、週末の英米のGDPに注目。

今日の材料 (*為替リアルタイム)
8/23月 14:00=スーパー売上高
21:30=シカゴ連銀全米活動指数
8/24火 15:00=独GDP
21:30=加小売
23:00=中古住宅販売件数、リッチモンド連銀指数
8/25水 6:00=米ABC消費者信頼感
8:50=通関ベース貿易収支
17:00=独IFO
21:30=耐久財受注
23:00=新築住宅販売件数
スワップ3日デー
8/26木 21:30=新規失業保険申請件数
8月末権利付最終売買日
FRBの年次シンポジウム(〜28日)
8/27金 8:30=CPI、失業率
17:30=英GDP
21:30=米GDP
22:55=ミシガン大学指数
バーナンキ議長、講演
8/30月 7:45=NZ貿易収支

【スワップ】 最近毎日Forelandが1位ですね、今年もスワップNo1業者ですか。