「発注、チャート、情報」によってFX会社を使い分けよう

利益が数百万円を超えるならくりっく365が節税できてお得です

「発注、チャート、情報」用途によってFX会社を使い分けよう

まず、すべてに完璧なFX会社はありません。コストが安いとスワップ金利が安かったり、情報面が弱かったり。チャートが優れていると初回入金額が大きかったりと。だから、「発注、チャート、情報」や投資スタイルによって、強みを持つFX会社を使い分け、賢い投資家になって勝ち組を目指しましょう。

ここでは独善的に、用途に最適なFX会社を紹介したいと思います。以下3社を口座開設しておけばベストとは言えないかもだがもかなりベーターな選択だろう。

FX会社の賢い使い分け方、まとめ

チャート・システム

MT4が世界最強。ということでMT4をサービス提供しているFXCMジャパン証券YJFX!アルパリジャパンから1社。スワップなど考慮すれば、FXCMジャパン証券。

発注・手数料

手数料やスプレッドなど取引コストが安いのは、GMOクリック証券。公的市場のくりっく365が希望であれば、岡三オンライン証券が手数料が安い。なお自動売買をするなら上記のMT4で発注すれば良い。

為替情報

大手証券が為替、株ともに情報が豊富。楽天証券のマーケットスピードが一番有名か。為替、日本株、米国株など分類されていて便利。