外貨受け渡しなら銀行より安く外貨を手にできます

できるFX会社は少なく、スワップ派のセントラル短資など

外貨を持ちたいなら、外貨受け渡しがお得

外貨受け渡しとは、円をドルなどの外貨に交換できるサービスです。逆に、ドルなど外貨を円に変えることもできます。

具体的にいえば、ドル円を1万通貨買い保有していれば、1万ドルをお持ちの銀行口座に入れることができます。もちろん、1万ドル=110万円(1ドル=110円の場合)ですから、110万円もっていないとだめですよ。両替みたいなものですから。

つまり、銀行の為替業務と同等のサービスです。メリットは、手数料などのコストが銀行よりも安いと言うことです。

円を外貨に換える際のコストは主に、2つあります。1つが手数料。もう1つが外貨を振り込む際のするコストです。外貨を振り込む際のコストはご利用の銀行によって異なります。

簡単に言えば、1ドル=110円の時に1万ドルを手にしたい場合(コストを除けば110万円)、銀行であれば111万円必要。セントラル短資であれば、100万+100円程度で可能になります。

10万ドルの場合、10万円もの差が生まれますね。

外貨受け渡しができる会社は少ない、大手2社を紹介します

FX取引業者では一部の会社しか、この外貨受け渡しは行われておらず、安心できる大手と言えば以下の2社ぐらいです。セントラル短資で日々はスワップを受け取り、海外旅行に行く時は外貨を出すなんて賢い方法があります。

業者名 手数料 振込コスト 単位など
セントラル短資 500円 自己負担
(金額はHPから確認できず)
1万通貨。
ひまわり証券 5000円 無料
(ひまわり社負担)
1万通貨。