ひまわり証券にデイトレで勝っている人のFX手法を聞きました

ビッグプレイヤーと呼ばれるスーパーデイトレーダー達

内部から聞き出した、デイトレ勝ち組の手法をすべて公開

ここでは、当サイト管理人がFX業界の大手ひまわり証券にうかがい、「デイトレで勝っている人はどのような人か?」を聞いた結果を公表しています。

ひまわり証券入り口で社員の方の写真撮影

このページを読めば、(ひまわり証券で)デイトレで勝っている人の投資手法を知ることができます。

最初に、ひまわり証券では、「勝ち組は2割、負け組が8割」とのこと。一般的に、勝ち組1:負け組9といわれる金融投資の世界で、同社を利用するデイトレーダーの勝ち組の割合は多い模様です。デイトレ専門口座で様々なオリジナル情報を提供しているからかもしれません。

特に、勝ち組の中でも上位10%の方は、社内でビッグ・プレイヤーと呼ばれているようです。

FX会社からビッグプレイヤーと呼ばれる、スーパーデイトレーダー達

ビッグ・プレイヤーは勝ち組の上位10%

まず最初に、ビッグ・プレイヤーとはどういった個人投資家なのかを教えてもらいました。過去、伝説のビッグ・プレイヤー2名を紹介します。

ビッグプレイヤー30代女性主婦

30代・女性・主婦

1000万円の元本でスタート。デイトレ3ヶ月で資産を5000万円に!3ヶ月利回り400%。その後、勝ち逃げ。(さすが女性、賢い)
完全に指標狙いの投資家。指標前後の値動きで利益を重ねる。よほど自信があったのか、最初から500万通貨での取引をしていた模様。
ひまわり証券の方がプレゼントを持ち、自宅に挨拶に。運が悪く!?その女性は投資をしていたようで、「投資中!」と言われ、同社社員は仕方なく、プレゼントを玄関において帰社したらしい。

ビッグプレイヤー30代男性会社員

30代・男性・会社員

50万円の元手で1万通貨からスタート。デイトレ6ヶ月で、資産を1000万円に。6ヶ月利回り1900%!(愕然・・・)その後、専業トレーダーになったとか、ならないとか。
会社から帰宅後21-25時の間で、チャート分析を駆使したデイトレで資産を増やし、それを元手に取引量を大きくしていった模様。最終的には500万通貨で取引をしていたらしい。


素直に言うと、信じられなかった。ひまわり証券曰く「本当のビック・プレイヤーは表に出てその独自手法なんか話しませんよ」。当サイト管理人、「そうですよね。。。」妙に納得。

もちろん、ビックプレイヤーは勝ち組の中の勝ち組ですが、こうしたビッグ・プレイヤーは2-3ヶ月に1人ほど現れるらしいです。(驚き!)

巷に?の必勝法が出回る中、今回の話はオモシロすぎて夢中に質問攻め。当然、私もそうしたビッグ・プレイヤーになりたい!

ズバリ、ひまわり証券・デイトレ口座での、勝ち組と負け組の特徴を教えてもらいました!

「投資通貨ぺア」「時間帯・取引回数」「投資スタイル」「テクニカル指標」「値幅」の観点から、勝ち組と負け組みはどのように違うのかを聞き、コメントを入れました。

勝ち組の特徴
勝ち組1 勝ち組2
投資通貨ペア

ポンド/円、ポンド/スイスフラン。
基本、値動きが大きい通貨。ただ、5月のある週は、数人のビッグ・プレイヤーが台湾ドル/円を取引していた模様。何でも台湾ドル/円は、動いても戻る特徴があるようで、一部その特徴に気づいていたビッグ・プレイヤーはそこを狙ったらしい。

時間帯・取引回数

日本時間の「16−19時」か「21−25時」に10回ほど回転売買。
基本、海外時間の動く時間帯に集中して取引。だらだら長時間しない。

投資スタイル

チャート分析による短期トレンドフォロー。当然、売り買い自在。ビッグ・プレイヤーになる人は、資産が増えるごとに取引量を増やす人らしい。

テクニカル指標

高値安値、サポート・レジスタンスライン。日足は頭に入れておき、60分、15分、5分足などを利用。1分足は利用しない。

値幅

平均20pips程度。
4-5pipsでも利食いをする。50pipsはかなりうまくいった場合。1円抜きなどは目指さない。

コメント

勝ち組の最大の特徴は、「自分の取引ルールを守っていること」のようだ。コツコツ利益を挙げていくので、一発逆転のようなギャンブル性はなく、投資技術の結晶を目指す模様。
個人的には、デイトレでも50pips抜きを目指していたので、狙う値幅が大き過ぎだったと思った。また、1分足は使わないことも知らなかった。デイトレ時も取引は多くても2-3回だったのは、ビックプレイヤーと比べて少ないと感じた。チャート分析は、ほぼ自分の考えと一致していた。
ちなみに、取引歴をどう見ても「カン」で勝っている、天才的な動物的カンを持っている投資家もいるとの話。

逆に、FXがうまくいっていない人の特徴も聞いてみました。

負け組の特徴

負け組の特徴
投資通貨ペア

通貨を絞らない。
通貨ごとに特徴があるにもかかわらず、いろいろな通貨に手を出す。

時間帯・取引回数

24時間投資する。
手数料が無料なこともあり、1日100回も取引をする人もいるらしい。

投資スタイル

逆張り、値ごろ感で投資。

テクニカル指標

一目均衡表やMACDなど様々なテクニカル指標を利用。中途半端にRSIなどは使っていない模様。
勝っている人はシンプルだ、とのこと。世の中にプロしか知らない必勝法を求める人は多いが、そんなものはない、とも。

値幅

損切りができない。

コメント

負けている人の最大の特徴は、集中していないこと。通貨も時間もテクニカル指標も、たくさん手を出し結果負けている模様。つまり、自分の得意な戦略や投資ルールがない人が負けているようだ。

関連ページデイトレ向きの低コストFX会社を一覧比較ひまわり証券