マネックスFXの「iPalmo」は人気アプリです

スプレッドも1銭を切っており、取引コストも安いです

マネックスFXの特徴を一言でまとめると

マネックスFXのおすすめ度:★★★★★
・理由:元短資系、スワップ金利は高い

マネックスFXの詳細情報

一般情報
初回入金 手数料 スプレッド レバレッジ スワップ金利 取引単位 通貨ペア
0万円 無料 下記参照 25倍 96円 10万通貨以上
1万単位
13種類
*手数料は片道1万通貨あたり。スプレッドはドル円1万通貨あたり。最新のスワップ金利調査はこちら
手数料・スプレッド詳細

ネット注文の手数料は完全無料
電話注文の場合、1千通貨単位につき100〜200円必要。
スプレッドはスタンダード口座が2.0銭。プレミアム口座は1.0銭。

特徴・サービス

■元東京短資グループで、スワップ金利が高い ←イチオシ

スワップ金利は業界最高値の水準です。

コメント

マネックスFXは、元為替業界の老舗会社(東京短資グループ)で日銀の政策から大手優良企業まで、国際金融市場のプロ中のプロ集団でした。2008 年マネックス・ビーンズ・ホールディングスグループ入りという経緯。

取引自体は、スワップ金利が高いことや、金利目的の中長期投資が最適か。スプレッドはスタンダード口座が1000通貨、プレミアム口座は10万通貨以上で1万単位、決済は1万通貨単位。特徴は電話での注文が可能(手数料は10万通貨で100円)であったり、現物のドルなどを受け取ることもできる(1万通貨あたり主に200円)、安心感。

FX初心者なら、電話相談をしながら、スウィング気味で投資を学びながら資産を増加させるのがベストか。中級者であれば、同社のレポートを見ながら、自分のルール作りなどがベターだろう。