ジャパンネット銀行は今も昔もスワップ派に人気のFX会社です

スワップ金利だけ口座から引き落としもできます

ジャパンネット銀行の特徴を一言でまとめると

ジャパンネット銀行のおすすめ度:★★★★
・理由:外貨預金のかわりならありかも

ジャパンネット銀行の詳細情報

一般情報
初回入金 手数料 スプレッド レバレッジ スワップ金利 取引単位 通貨ペア
0万円 300円 200円 20倍 102円 1000通貨 8種類
*手数料は片道1万通貨あたり。スプレッドはドル円1万通貨あたり。最新のスワップ金利調査はこちら
手数料詳細

完全無料

特徴・サービス

■銀行でFX。ヤフーとも提携

信頼性の高い銀行でFXが可能。ワンタイムパスワードなどセキュリティーは万全。また、外貨預金感覚で1000通貨から取引でき、初心者から安心して投資が可能。

コメント

珍しく銀行によるFX。一般的に銀行は外貨預金の方が手数料が取れるのでFXをしていないのだが、ジャパンネット銀行は1000通貨からのFXで信頼性が高い。

2008年からヤフーと提携するなど、より安心感が増している。1000通貨からの取引、ワンタイムパスワードによる認証など、資金面の安全性は高い。また、銀行の特長を活かし、資金はリアルタイムに行えるため、帰宅後に投資関連をすべて行い方には便利。

ただ、手数料は必要なものの外貨預金と比べれば、コストは10分の1以下のため、日々ガツガツFXするというよりは、ネット銀行で外貨預金の変わりに投資をする方向け。スワップ金利は高く、1000通貨から投資できる。

情報は豊富で、ロイター、ダウジョーンズ中心のワムレポート、為替専門通信社マネーアンドマネーの吉田レポートなどがある。つまり、銀行系で安心して、金利目的のFXがしたい。そういう方には利用価値が高いといえる。