投資は一般的に、短期投資と長期投資に分かれます

ウォーレン・バフェットは有名な長期投資家です

純金積立もできる楽天証券最大100,000円分の楽天スーパーポイントのキャンペーン。

短期投資か長期投資の比較。自分に合うのが一番

ここでは一般的に、短期投資家と長期投資家どちらも良いけど、自分にはどちらが合っているかという視点で考えてみます。

とは言え、まず両者を擁護する声を聞いてみましょう。

短期投資の擁護意見
  • 短期投資は、投資資金を塩漬けにすることがないから、資本効率が良い
  • 長期のことなんて誰も分からない。短期投資で、こつこつと儲けた方がいい。損がでても小額だ
  • なんといっても、デイトレーダーで、億万長者になった人がテレビに出ている
長期投資の擁護意見
  • 株式市場の長期チャートを論拠にして、短期よりも長期投資の方が結果的に高利回りだ
  • 短期投資は、時間対効果で考えれば、効率が悪い
  • 短期的な動きは理屈で説明できない。トレンドに沿った投資の方が、確実だ

短期のラリー・ウィリアムズ、長期のウォーレン・バフェットが有名

どちらも、納得いくものです。短期投資で巨万の富を得たラリー・ウィリアムズ、長期投資で世界一の投資家と呼ばれるウォーレン・バフェット。いずれの方法でも世界的に有名な投資家が存在します。そのため、各擁護派は相容れない関係が続いているようです。

そこで、当倶楽部では、どちらが優れているかを比較・検討することはしません。そもそも、金融投資は「勝てば官軍、負ければ賊軍」です。どちらが優れているかではなく、どちらがあなたに適しているかを選べるように、両者を比較してきます。

一般的には、「投資=長期投資」が正しいとの考えがあるようです。ただ、当倶楽部ではそうした常識を一度忘れて、両者の条件を比較しながら、考えを深めていきます。

ここでは、特徴をはっきりさせ比較ができるように、「短期投資=一日から数日」で取引を終える投資。つまり、スキャルピングやデイトレード、数日のスウィングトレードを想定。「長期投資=1年以上」の投資を想定します。その間は中期投資となります。中期投資は両者の特徴を足して2で割ったものですのでここでは考慮しません。

では、まず短期投資を考えていきます。

2017/02月の人気キャッシュバックTOP3
主要ネット証券5社の中でFX取引金額No1と人気。最大100,000円分の楽天スーパーポイントがもらえる。
1000単位以上のFX取引で、現金5000円プレゼント。最大80,000円。
新規FX口座開設後100万通貨以上で3000円、最大25,000円キャッシュバック。