FXのレバレッジ派は為替の変動益を狙います

レバレッジの決定はボタンがあるわけではありません

純金積立もできる楽天証券最大100,000円分の楽天スーパーポイントのキャンペーン。

通貨の値動きは(株や商品と比べて)安定的、だからレバレッジを利用する

ここでは、為替レートの変動によって資産を増やす投資術をお伝えします。一般的に、FX投資を行う投資家は、元本以上の投資を行います。これを、レバレッジ投資といいます。

レバレッジ投資をする理由は、為替レートの変動幅が、株価や商品価格などに比べ、とても小さいからです。ドル円相場で例えると、現在1ドル=100円程度ですが、1ドル=10円(10分の1)になることも、1ドル=1000円(10倍)になる可能性もほぼ皆無です。つまり、元本内で投資をしていれば、とても安定的と言えます。

ただ、その安定性は、運用利回り100%以上を目指すような投資家には十分ではありません。そこで、資産形成を素早く行いたい投資家は、レバレッジを利用して、大きく儲けることを目指します。一般的に、初心者の方でレバレッジ5倍以下、中級者になると多くの投資家がレバレッジ10倍程度で運用をしているようです。

例えば、元本100万円でドル円が100円の場合、レバレッジを利用しなければ、1万通貨での取引となります。仮に1年で10円の変動益をとれたら、10万円の利益。利回りは10%です。一方、レバレッジ10倍で10万通貨の取引であれば、100万円の利益となり、利回りは100%となります。

もちろん、レバレッジ投資にはリスクも存在します。先の例で仮に10円の変動損を被った場合、レバレッジを利用しなければ10万円の損ですが、レバレッジ10倍の場合は元本を失います。最悪の場合、強制的な損切りや追加保証金が必要な場面もあります。

そのため、初心者の方はレバレッジを控えて投資を行うことが基本です。投資暦を積んだ後、レバレッジを利用して大きく儲ければいいのです。多くの取引業者でレバレッジは10倍以上可能で、取引業者によれば400倍もの投資が可能です。実力さえあれば、元本がなくても投資利益は青天井といえるでしょう。

レバレッジの決定は注文ボタンがあるわけではない、あくまで計算上の話

ここで、少しレバレッジについて補足します。レバレッジ取引とは、取引画面でレバレッジ「ボタン」があるわけではありません。あくまで、元本(預け入れ保証金)と為替レートの比率を示す通称に過ぎません。そのため、投資家の多くは、自分が今レバレッジ何倍で取り引きをしているのかは、およその感覚で理解しています。

例えば、ドル円相場が1ドル=100円とします。ドルを5万通貨保有するには、100万円が必要です(100円*5万通貨=500万円)。100万円の元本で5万ドルを保有した場合、レバレッジは5倍です(500万円必要だが、100万円の元本で保有しているため)。

ただ、ドル円が1ドル=110円になったとします。この場合、5万ドル通貨保有するためには、550万円が必要です。100万円の元本で5万ドルを保有した場合、レバレッジは5.5倍になります。しかし、投資家の多くは、だいたい5倍程度で取引をしていると思っているようです。そして、現実にはそのだいたいの把握で十分なことが多いようです。

投資の際には、人により保有通貨数を決めていたり、元本の上下によって保有数を変動する人もいます。つまり、元本が100万円でも120万円でも5万通貨の取り引きをすると決めている方。一方、元本が120万円に増えた場合は、保有通貨数を6万通貨に増加させる方などです。なお、保有通貨数は建て玉とも呼ばれます。

次節では、建て玉数は一定が良いのか、元本に変動させるのが良いのかを検証していきます。

2017/05月の人気キャッシュバックTOP3
主要ネット証券5社の中でFX取引金額No1と人気。最大100,000円キャッシュバックキャンペーン中。
1000単位以上のFX取引で、現金5000円プレゼント。最大80,000円。
新規FX口座開設後100万通貨以上で3000円、最大25,000円キャッシュバック。