FXシステムの優秀さが、個人のチャート分析人気の一因

為替相場のファンダメンタルズ分析は難しい?

純金積立もできる楽天証券最大100,000円分の楽天スーパーポイントのキャンペーン。

為替相場のファンダメンタルズ予測は世界一難しい?

世の中には為替が動く要因は、ファンダメンタルズ分析だという投資家がいます。一方、テクニカル/チャート分析を信じる投資家もいます。ここではどちらも良いけど、自分にはどちらが合っているかという視点で考えてみます。

なおここで言うテクニカル/チャート分析とは、一般的に知られている各種テクニカル指標を利用したものです。金融工学など統計的なものは当てはまらない記述もあります。

まず両者を擁護する声を聞いてみましょう。

ファンダメンタルズ分析の擁護意見
  • チャートは、過去のレートの変動を説明したもので、将来の動きを正確に言い当てることは出来ない
  • テクニカル指標は、その指標を信じている人だけが投資判断に利用するだけ
  • 某大手外資系有名トレーダーは、テクニカルをほとんど利用しなかったらしい
テクニカル/チャート分析の擁護意見
  • チャートによるトレンド分析だけが、リスクのない投資だ
  • チャートを利用しなければリスク管理ができない
  • 為替相場の予測は、プロでも最も難しい!

FXシステムの優秀さが、個人投資家のチャート分析人気の一因

どちらも、納得いくものです。独自のテクニカル分析で巨万の富を得たラリー・ウィリアムズ、投資対象の真の価値を徹底的に調べてバリュー投資の父と呼ばれるベンジャミン・グラハム。いずれの方法でも世界的に有名な投資家が存在します。そのため、各擁護派は相容れない関係が続いているようです。そのため、各擁護派は相容れない関係が続いているようです。

そこで、当倶楽部では、どちらが優れているかを比較・検討することはしません。そもそも、金融投資は「勝てば官軍、負ければ賊軍」です。どちらが優れているかではなく、どちらも利用できるようにその特徴と有益な利用方法を検証していきます。

一般的には、「投資=ファンダメンタルズ分析」と考えられているものの、テクニカル分析の容易さから個人投資家の中では「人気=テクニカル分析」のかたちが続いています。さらに、FXのシステムは国内証券会社の株システムよりもかなり優れている点も、チャートやテクニカルによる投資の方が、個人投資家の支持を得ている模様です。

テクニカル分析はどの金融商品でも似たような利用が可能ですが、為替相場のファンダメンタルズ分析については、株などとは大きく異なっています。そのあたりも考慮した後、両者を検討していきます。

最初に、ファンダメンタルズ分析から特徴や利用方法を見ていきましょう。

2017/06月の人気キャッシュバックTOP3
主要ネット証券5社の中でFX取引金額No1と人気。最大100,000円キャッシュバックキャンペーン中。
1000単位以上のFX取引で、現金5000円プレゼント。最大80,000円。
新規FX口座開設後100万通貨以上で3000円、最大25,000円キャッシュバック。