FX投資家は主に、スワップ派とレバレッジ派に分かれます

毎日もらえるスワップ金利がFXにスワップ派を生みました

純金積立もできる楽天証券最大80,000円分の楽天スーパーポイントのキャンペーン。

FXで利益を上げるスワップ派とレバレッジ派

FXの投資家は一般的に、2通りに分かれます。1つはスワップ金利を目的にした投資。もう1つは、レバレッジを利用した短期投資です。

余談ですが、これは株式投資や商品先物投資にはあまり見られないFXの特徴です。株式投資でも配当目的の投資はありますが、それはごく限られた時期だけ。しかしFXは毎日スワップ金利をもらえるため、スワップ派という今までに見られない投資家が現れました。

こうしたスワップ派は2000年〜2007年にかけた円安トレンドによって大きな利益を上げました。(そして○億円の脱税報道が続きました・・・)。その後のサブプライムなど100年に1度の金融危機で円高が進み、スワップ派も勝ち組と負け組に分かれました。

まず、スワップ金利を目的にした投資家は俗に、「スワップ派」と呼ばれています。「金利の安い通貨を売り、金利の高い通貨を買う」のがスワップ派の投資術です。

一方、レバレッジを利用したデイトレなど短期投資家は俗に、「レバレッジ派」と呼ばれています。「上がる(下がる)と予測する通貨を買い、下がる(上がる)と予測する通貨を売る」のがレバレッジ派の投資術です。

個別株と異なり、売ることに規制はありませんから、思い切って売れます。また株のレバレッジは3倍までですが、FXは10倍を超えるレバレッジを利用できます。これも他の金融商品と異なるFXの特徴でしょう。

両方の組み合わせが最高なのでしょうが、FX初心者の方はまずどちらの利益を目的とするのか決めるのが大切です。一般的にはスワップ派の勝ち組よりも、レバレッジ派の勝ち組の方が利回りは高くなります。

資金量から考える、投資スタイルの決定

では、スワップ派とレバレッジ派、どちらの技術を学ぶべきなのでしょうか?

基本的に「銀行に預けるよりいいや」とか「小遣いになれば」などまったり行きたい人はスワップ派。「FXで大金を稼いでやるぜ」と意気込む人はレバレッジ派なのでしょうが、ここでは金融広報中央委員会が発表した「家計の金融資産に関する世論調査(平成17年)」から、1つの回答を出してみます。

同委員会によると、金融保有額の平均値は1085万円ですが、7割の家計は金融資産が1000万円未満のようです。つまり、2極化が見て取れます。お金持ちが大きな資産を持っているために、平均値が高くなっているのです。

家計の金融資産

外為FX投資の目標は資産形成のため、1000万円〜3000万円までは高い利回りが見込めるレバレッジ派。すでに日本の富裕層である方は、ゆったりとスワップ派と考えることもできます。

それぞれの投資術の詳細は、以下のコンテンツで紹介しています。

2017/10月の人気キャッシュバックTOP3
主要ネット証券5社の中でFX取引金額No1と人気。最大100,000ptキャッシュバックキャンペーン中。
1000単位以上のFX取引で、現金5000円プレゼント。最大80,000円。
新規FX口座開設後100万通貨以上で3000円、最大30,000円キャッシュバック。