短期スウィンガーは数日から数週間の投資です

優れたFXシステム環境でチャーティストも多いです

純金積立もできる楽天証券最大80,000円分の楽天スーパーポイントのキャンペーン。

FXの短期スウィンガー、豊富な注文を賢く使う

短期スウィンガーは、ポジションを翌日に持ち越す(事が多い)投資家です。為替市場は24時間開いているので、厳密にいえばどこが夜とは言えないですが。日本人なら25時ぐらいには寝るでしょうから、そこで持ち越すイメージです。

持ち越して寝ると言っても、相場は動いています。そのため、短期スウィングは注文を上手に利用することが大切です。幸運なことに、国内株の証券会社に比べ、FXの注文はほぼ自動注文ができるほど豊富です。

その豊富さのため新規注文を入れておけば、寝ている間に自動注文で、ポジションを持ち損切りと利食いの注文も入れて、翌日に確認ということもよくあります。

FXの短期スウィンガーは昔からたくさんいて人気があります。また短期と言っても一泊二日なのか、数週間持ち続けるのかで考え方は少し変わるでしょう。

2007年ごろに「ミスワタナベ」など海外から呼ばれ、○億円の脱税報道が続きましたが、手法を見ると数週間程度の短期スウィングで、スワップ金利と為替益のダブル収益で、スーパーパフォーマンスを出した模様です。(あと知ってか知らずか高いレバレッジで。)

FX短期スウィンガー、優れたシステム環境でのチャーティストも多い

FXの短期スウィンガーは、ファンダメンタルズなどを考慮しない、純粋なチャーティストも多いと言われています。それは人は24時間ずっとチャートを見ていられないし、そもそも起きていられないため、必然的にチャートやシステムに従う人が多いことが要因でしょう。私も15時間ぐらいチャートを見ていたら、疲れたというか気が狂いそうになりました。株式投資であれば、午前午後で5時間程度のため集中力も保て、その結果裁量を入れた投資家も多いと思いますが。

チャートに従うことになれば、自分の戦略立案をする際に経済指標の結果や材料は、個人レベルの環境ではバックテストに入れることは難しいため、それらを無視した形での投資スタイルとなりやすいでしょう。つまり、チャーティストになりやすいということです。

また、前述したように注文は豊富です。システム売買のプログラムを書く必要もないほど、通常の注文でチャーティストになれる環境です。ただ、そうしたFXシステム、チャートが優れているのは、残念ながら国内よりも海外製のものです。

FXの短期スウィンガーになりたい人は、SAXO、GFT、GAINなど海外FXシステムの環境も、そこで発注をするしないに関わらず用意しておきたいところです。海外の優れたFXシステムはこちらをご覧ください。

2017/09月の人気キャッシュバックTOP3
主要ネット証券5社の中でFX取引金額No1と人気。最大100,000ptキャッシュバックキャンペーン中。
1000単位以上のFX取引で、現金5000円プレゼント。最大80,000円。
新規FX口座開設後100万通貨以上で3000円、最大30,000円キャッシュバック。