NISA(日本版ISA)とは

少額投資非課税制度

NISA(日本版ISA)少額投資非課税制度

NISA(ニーサ、日本版ISA、少額投資非課税制度)とは
1.2014年1月1日から始まる
2.上場株式等や投資信託の配当所得や売却益の税金が、年間100万円まで非課税

となる制度です。

簡単にいえば、2014年から株やFXの税金は約20%となる予定ですが、NISA口座で株の売買をすると、年間100万円まで税金がかからないお得な制度ということです。5年間有効なので、「100万円*5年」で最大500万円も税金がかからないということ。

これは少額投資家にはお得ですね!

リーマン・ショックから長く続いた世界経済危機ですが、米国はいち早く「出口戦略」を施行し、日本は(前回と見違えるほど)安倍さんが好調な感じで「アベノミクス」が進行しています。

IPS細胞でのノーベル賞や、パズドラなどスマホゲーの流行でガンホーのように株価が短期間に10倍になるなど熱い株式市場。

株にも興味がある人は、証券会社でNISA口座を開いておいて、損はないでしょう。以下の証券会社は代表的なネット証券で、口座維持も無料ですし、取引コストも低いです。

会社名口座株手数料株手数料225ミニオプションTOPIXミニPTSIPO
--現物信用手数料手数料手数料手数料
GMOクリック証券総合口座470円(税込)100円(税込)390.15%--
岡三オンライン総合口座525400420.168%---
SBI証券総合口座61137852.50.21%48.3580
楽天証券総合口座76447252.50.21%--
カブドットコム総合口座151298748.30.21%48.3-
松井証券総合口座21002100420.21%--
マネックス証券総合口座0.1575%0.1575%52.50.189%-