純金積立

メリットと注意点

純金積立の概要(2017/08/24)

●材量(2007年リーマン・ショック)
2007年のリーマン・ショック以降、世界経済は不透明感が強まっており、2012年現在もまだ視界不良です。そのため、安定的な価値を保ち続ける純金への需要が高まっており、上昇傾向が続いています。

●チャート
2000年初頭まで300ドルあたりで推移していたが、中国など新興国の成長で需要が高まり(要は金持ちが増えた)徐々に上昇。リーマン・ショックで世界経済に不透明感が強まった後はさらに需要が拡大。2011年には1900ドルを超えた。2012年に入っても1700ドルあたりの高値で推移している。

大手ネット証券で格安な手数料→SBI証券 安い手数料で個別株も同時に投資→GMOクリック証券
IPOやアップルなど米株にもチャレンジ→マネックス証券 純金積立にもチャレンジ→楽天証券

純金積立の概要

●純金積立とは?
毎月・定額・純金(ゴールド)を買っていく積立。

●投資の際のメリット
1.人類史を見ると、会社(株式)は倒産、国(通貨)も潰れるリスクがある。
しかし、純金(ゴールド)は常に一定の価値を保ち続けている。資産運用の教科書では「資産の10%を金にする」と言う格言があるぐらいです。
2.毎月・定額(1万など)の投資(いわゆるドルコスト平均法)なので、金相場さえ大きく崩れなければ、投資の上手下手が関係ない。

●投資の際の注意点
純金積立と同じく、純金に投資できるものに、金先物があります。しかし、結構リスクが高い(レバレッジや出来高などの面で)と言われているので、短期的な売買で利益を狙うならば、金先物でなく、FXや株をしたほうがいいと言われています。

●どこでネット取引できるか?
一部の証券会社(楽天証券)や先物取引業者で可能。ただ大手ネット証券では楽天証券のみ取り扱っており、しかも毎月1,000円から積立可能なため独壇場。少し面倒ですが、金ETFを買って現物に戻すことは、SBI証券カブドットコム証券でも可能です。

楽天証券の純金積立