FX(外為投資・為替取引)

メリットと注意点

為替相場の概要(2017/07/25)

●材量(2012/11/14)
総選挙へ。12/16に投開票される日本の総選挙で第一党になることが予想されている自民党の阿部総裁が「目標インフレ率2%、日銀に介入?、円高阻止」など強い意欲を見せており、円安意欲が強い。

●材量(2012/12/16)
11/14から安倍政権の期待から約23営業日、円安・株高が続いた。そして12/16の日本の衆議院選挙で自民党が予想以上の圧勝。自公で3分の2となる325議席を獲得。タカ派の安倍政権となり、円安など期待されている。

●チャート
ドル円は、2007年6月の124円台から2011年10月に75円台をつけ、現在まで約5年間円高が続いている。しかし、80円より下では底堅く、2012年10月に下落のトレンドラインを抜け、長期相場に入った可能性。まずは90円が目標価格。

大手ネット証券で格安な手数料→SBI証券 安い手数料で個別株も同時に投資→GMOクリック証券
IPOやアップルなど米株にもチャレンジ→マネックス証券 純金積立にもチャレンジ→楽天証券

FX(外為投資・為替取引)の概要

●FXとは?
外国為替証拠金取引(外為投資・為替取引)のこと。
具体例。米ドル円相場で、米ドルを買うなどの投資を行う。

●投資の際のメリット
1.(国が保証した)通貨なので、株の銘柄のように価値が0になる可能性はほぼない。
2.高金利通貨を買うことで、金利利益が得られる。
3.銀行で外国通貨や外債を買うよりも、手数料が安い(ほぼ無料)

●投資の際の注意点
FXは株の信用取引(資金の3倍)以上のレバレッジが可能(25倍)。
うまくやればメチャ儲かるけど、失敗すると大損する。 株の現物投資のように元金ていどで投資するのが吉。

●どこでネット取引できるか?
FX会社や証券会社で取引可能。大手ネット証券で概ね取引できますが、楽天証券など海外システムを採用しているFX専業の会社のほうが、取引コストが安く・チャートなど取引システム(代表どころはMT4)が優れています。つまりメリットが多いです。なお、GMOクリック証券が3年連続(2012年1月〜2014年12月)FX取引高の世界第1位を獲得しました。