日米欧など各国が発表する政策金利の推移をチェックしよう

最も影響が強いのは米国のFOMC。円金利はいつでも低金利ですが

純金積立もできる楽天証券最大100,000円分の楽天スーパーポイントのキャンペーン。

現在の各国政策金利の一覧表

以下は、主要国(通貨)の政策金利を高い順に並べた表です。[更新日:2017/03/23]

国名金利
豪州
日本
米国
欧州
英国
NZ
カナダ
スイス
南アフリカ
トルコリラ6.50%

主要国、各国政策金利の推移(2000年以降)


スワップ派に人気の豪ドル他、各国政策金利の推移をチェックしよう

為替相場を分析する際、各国の政策金利を追うことは非常に重要です。政策金利とは、各国の中央銀行が目標とする短期金利の水準です。

一般的には、金利水準が高い通貨、あるいは将来金利が上がりそうな通貨は買われやすいと言われています。金利収入が見込めるからです。金融機関のファンドマネージャーも個人のスワップ派と同じ理屈ですね。

一方で、金利水準が低い通貨、あるいは将来金利が下がりそうな通貨は売られやすいと言われています。

大切なことは、金利が上がるか下がるかよりも、予想通りの結果になるかどうかです。そして、声明文などで次回も金利が上がりそう(下がりそう)かどうかです。

関連ページ政策金利の推移と為替相場スワップ金利が高いFX会社

2017/03月の人気キャッシュバックTOP3
主要ネット証券5社の中でFX取引金額No1と人気。最大100,000円分の楽天スーパーポイントがもらえる。
1000単位以上のFX取引で、現金5000円プレゼント。最大80,000円。
新規FX口座開設後100万通貨以上で3000円、最大25,000円キャッシュバック。