外貨投資の安全性を比較しています

条件を見ると、FXは外貨預金や外貨建てMMFより優れています

純金積立もできる楽天証券最大100,000円分の楽天スーパーポイントのキャンペーン。

外為FX投資は本来、ローリスクな投資商品です

今まで外貨預金、外貨建てMMF、外為FXの特徴を見てきました。いずれも、最終的な利益を上げるためには、対象通貨の変動で利益を上げる必要が明らかになりました。

そこで、まず、対象通貨の変動で利益を上げる為に、安全面の視点から3つを比較して見ます。

比較項目 外為FX 外貨建てMMF 外貨預金
取引時間 24時間 銀行の営業時間 銀行の営業時間
換金性 いつでも可能 いつでも可能 【普通預金】いつでも可能
【定期預金】途中解約はペナルティ
初期売買 売りも可能 買いのみ 買いのみ
運用管理主体 自分 ファンドマネージャ 管理不可能

ここでは、誰も将来の為替を予測できないとして、安全面を考えてみます。為替レートは、上がったり下がったりを繰り返します。ただし、その期間は誰にも分かりません。

そうであれば、為替レートで利益を出すためには、利益が出たときに、決済(解約)をするということになります。そのためには、いつでも決済(解約)ができる環境になければなりません。

さらに、保守的に考えた場合でも、損失がいくらになったら決済(解約)と決めておいて投資をする方法もあります。この場合でも、いつでも決済(解約)ができる環境になければなりません。

それに唯一対応しているのは外為FXです。ほとんどの取引業者で、月曜日早朝から土曜日深夜まで、24時間取引が可能です。

次に、投資対象通貨が、下落トレンドの時に対応できるかどうかを考えます。 この場合も、外為FXだけが対応できます。

最後は、取引を誰が運営・管理するのかという問題があります。定期外貨預金のように管理できないのは論外ですが、自分が安全かファンドマネージャーが安全かは微妙なところです。

自分で投資を学べば、今後の社会を考えた場合、年金など自分で資産運用を行う力を得ることができます。また、投資信託の顧客が現在の高齢富裕層であることも考慮し、自分がどの世代に属しているかを考えるべきでしょう。

自分で年金を運用しなければならない世代か、すでに国家・企業から多額の年金をもらっている世代かを。

安全性は以上で終え、次は効率性を比較していきます。

2017/02月の人気キャッシュバックTOP3
主要ネット証券5社の中でFX取引金額No1と人気。最大100,000円分の楽天スーパーポイントがもらえる。
1000単位以上のFX取引で、現金5000円プレゼント。最大80,000円。
新規FX口座開設後100万通貨以上で3000円、最大25,000円キャッシュバック。