外貨預金は外貨ベースで元本を保証された商品にすぎません

手数料が高いため、望まし為替変動が必要です

純金積立もできる楽天証券最大100,000円分の楽天スーパーポイントのキャンペーン。

外貨への投資人気は近年、外貨預金からFXに移っています

外貨預金は従来から、日本人に人気がある外貨の金融商品でした。一番の理由は、高金利と言うフレーズです。ただ、2005年には残高が減少したとの統計もあります。

「外貨預金」の仕組みは、基本的に円建て預金と変わらず、手持ちの円を外貨に変えて預け、外貨を再び円に戻して受け取るというものです。外貨の対象は、基軸通貨のドルを中心に、高金利のオーストラリアドルやニュージーランドドルが人気があるようです。

外貨預金は、「預金」と言う言葉どおり、外貨ベースでは元本保証です。しかし、あくまで、元本保証は外貨ベースです。円ベースでは、何も元本は保証されていません。

外貨預金は結局、為替変動の影響を受けた元本投資です

手数料を除いて、外貨預金の利回り等を試算をしてみます。100万円の資産を、ドル建て1年定期預金で、1ドル=100円、金利2.0%で運用するとします。

100万円ですので、1万ドルのドル預金額となります。

当初の円額 1年後のレート 為替差損 金利利益 1年後の円額
100万円 100円 0円 +2万円 102万円
100万円 95円 ▲5万円 +2万円 97万円
100万円 105円 +5万円 +2万円 107万円

これだけを見ると、資産運用として、まずまずかなと思います。しかし、外貨預金には、割高な手数料がかかります。

往復で、1ドルにつき2円以上。上記の例で言えば、1万ドルですので、2万円以上の手数料がかかります。(高金利のオーストラリアドル、ニュージーランドドルなどは、さらに高い手数料がかかります。)

手数料を考慮して、もう一度表にして見ます。

当初の円額 1年後のレート 為替差損 金利利益 手数料 1年後の円額
100万円 100円 0円 +2万円 ▲2万円 100万円
100万円 95円 ▲5万円 +2万円 ▲2万円 95万円
100万円 105円 +5万円 +2万円 ▲2万円 105万円

この数字の意味は何でしょうか。

結局は、為替差損で結果が決まると言うことです。利息分は手数料で消えます。元本保証の預金とは言えないでしょう。

さらに、投資家にとって不利なことがあります。外為投資や外貨建てMMFが常時換金可能なのに対して、基本的に、定期性外貨預金は当初に決めた期日にしか円に戻せません

1年後にしか換金できない場合、それまでに如何にドル高が進み為替利益が出ていても、その時点では換金できません。外貨預金の利益は、ほぼ為替差損なのに。

そうした問題を解決する為に、もし途中で、定期預金を解約をすれば、割安なペナルティーレートの適用になります。普通預金や為替変動をヘッジできる商品もありますが、そうした商品の金利は円建てとほとんど変わりません。

ちなみに、金利には20%の源泉徴収がかかります。つまり、税金がかかります。

当初の円額 1年後のレート 為替差損 金利利益 手数料 税金 1年後の円額
100万円 100円 0円 +2万円 ▲2万円 ▲0.4万円 99.6万円
100万円 95円 ▲5万円 +2万円 ▲2万円 ▲0.4万円 94.6万円
100万円 105円 +5万円 +2万円 ▲2万円 ▲0.4万円 104.6万円

ついに、購入時レートと戻しのレートが同じ場合でも、元本割れと試算されます。外貨預金で資産が増えるときとは、幸運にも円安が進んだときのみと言えそうです。

合理的に考えて、外貨預金を資産運用として行うのは、様々な問題を抱えています。すでに、外貨預金を行っている方は、もう一度考え直してみてはいかがでしょうか。

2017/02月の人気キャッシュバックTOP3
主要ネット証券5社の中でFX取引金額No1と人気。最大100,000円分の楽天スーパーポイントがもらえる。
1000単位以上のFX取引で、現金5000円プレゼント。最大80,000円。
新規FX口座開設後100万通貨以上で3000円、最大25,000円キャッシュバック。