2012年以前のFX税金。

2012年から税制が改正されました。

純金積立もできる楽天証券最大80,000円分の楽天スーパーポイントのキャンペーン。

・2012/1/1:税制改正がありました。2012年以降の税制については、こちらの「最新のFX税金/税率」を御覧ください。

FXの税金は確定申告。まずは取引中のFX会社に相談しよう

税金については、まず利用しているFX取引会社に相談、あるいは税務署や税理士に相談するをお勧めします。税務について専門的な知識が必要なためです。ここでは、相談の際、その内容が理解ができるような情報を公開しています。ただし、理解が進むよう、やや簡略化して話をしています。

あと、FX取引による脱税報道が多いですが、しっかり払いましょうね。税務署に払ってない事がばれると、後で少し多めに税金を払わなければならなくなりますよ。

20万円以上の利益があれば、税金の支払い義務があります

まず、相対業者で取引の場合、税金を納める必要がある方は、1月1日から12月31日までに取引(為替売買益+スワップ金利)で20万円以上の利益を上げた方のみです。20万円以下の方は、原則税金を納める必要がありません。

税金を納める必要のある方は、税額を計算した後、所轄の税務署にて2月16日から3月15日までの間に確定申告の作業を行います。それで作業は終わりです。

この説明だとすごく簡単ですね。問題は、税額の計算がとても専門的なことです。ここだけを突破すれば、楽勝です。

ここからは、税務の専門的な用語が出てきます。税額を計算をする際、そうした専門的な用語を理解する必要があるためです。専門用語が発生するたびに、すぐにその用語を説明、そして分かりやすい言葉で置き換えて話を進めていきます。

まず、税額計算の話をする前に、確定申告の説明をします。確定申告とは税務署に自分で行って納税の手続きをすること。確定申告のほぼ反対語として、源泉徴収があります。源泉徴収とは、利益が上がった時点で自動的に税金が引かれ、自分で税金を払う作業をしなくてもよいこと。サラリーマンの給料が源泉徴収にあたります。つまり、外為投資で利益を上げた方は、自分で税額を計算し税務署で納税の手続きをする必要があります。


ここまでのまとめ

税金を払う必要がある方は、1月1日から12月31日の間で20万円以上の利益をあげた投資家。ただし、くりっく365や大証FXの利益については利益に関わらず税金を支払う必要性があります。

税金は自分で計算した後、2月16日から3月15日までに所轄の税務署に行き、納税の手続きをすること。この作業を確定申告という。

さて、問題の税金計算の話に進みましょう。

その前に、外為FX投資では、税金の計算方法が2通りあります。一般的な「相対取引の業者」を利用している方と、「くりっく365や大証FXの会社」を利用している方では税金の計算方法が異なります。

あなたは、どちらの業者を利用していますか?

確認されましたら、以下のリンクから該当のページに進んでください。

2017/09月の人気キャッシュバックTOP3
主要ネット証券5社の中でFX取引金額No1と人気。最大100,000ptキャッシュバックキャンペーン中。
1000単位以上のFX取引で、現金5000円プレゼント。最大80,000円。
新規FX口座開設後100万通貨以上で3000円、最大30,000円キャッシュバック。