FXの税金。

2012年から税制が改正されました。

純金積立もできる楽天証券最大100,000円分の楽天スーパーポイントのキャンペーン。

FXの税金/税率【2012年1月以降の最新版】

2012年1月から、店頭FXにおいても、税率が一律20%の「申告分離課税」が適用されることになりました。簡単に結論から言えば、「どのFX会社でも税率は一律20%で、確定申告は必要」です。

今までは、「店頭FX、くりっく365、大証FX」で税率が異なっていました。くりっく365と大証FXは税率が一律20%の「申告分離課税」。一方、店頭FXは税率が15%〜50%の「総合課税」でした。

それがややこしい!?ということで、税制改正。結果的に、店頭FXの税制が、くりっく365や大証FXと同じになりました。これが税制改正までの推移。

では、2012年1月から適用される税制の3つの特徴を以下にまとめてみます。

1.申告分離課税:税率は利益から一律20%
上記で述べたように、FXはすべて税率20%です。ただし、申告する必要があります。
2.日経225先物など取引所における先物取引等と損益通算が可能
FXで100万円の利益。日経225先物で40万円の損失。この場合の税金は、60万円(100−40万円)*20%=12万円です。今までの「総合課税」では、利益(損益合算されなかった)の100万円に税率がかかっていました。ただし、申告する必要があります。
3.損失の繰越控除が3年間可能
「2012年に30万円の損失。2013年に30万円の利益が出た」場合、30万円−30万円=0円に税金がかかります。つまり0円ですね。ただし、申告する必要があります。

上記を読めば分かるように、くりっく365や大証FXでFXをしていた人は何も変わっていません。店頭FXをしていた人にとって、税制面での不利がなくなったというのが、2012年から適用されるFXの税制改正の結論です。くりっく365や大証FXのような取引所FXは、取引所という安心感ぐらいがメリットですね。

2017/02月の人気キャッシュバックTOP3
主要ネット証券5社の中でFX取引金額No1と人気。最大100,000円分の楽天スーパーポイントがもらえる。
1000単位以上のFX取引で、現金5000円プレゼント。最大80,000円。
新規FX口座開設後100万通貨以上で3000円、最大25,000円キャッシュバック。