為替相場は季節的な変動要因やアノマリーがあります

日米の企業決算や休暇、ボーナス時期が主です

純金積立もできる楽天証券最大100,000円分の楽天スーパーポイントのキャンペーン。

為替相場の季節的な材料やアノマリーを頭に入れよう

ここでは、1年間の季節(12ヶ月)要因を説明します。ただ、実際の相場とは異なることも少なくありません。為替相場で有名なアノマリーは、ドル円は「1月の方向性と年間の方向性が一致する」や「1月に年間の高値安値を付けやすい」です。8割程度その通りになる時期もあります。

アノマリー的には、ドル円は1月の相場を要チェックです

季節的要因 アノマリーなど
1月 ・欧米企業の期首、変動幅大きい。
・正月は動意薄。
・引き続きボーナス資金が市場に流れ込む。
ドル円は1月に年間の高値安値を付けやすい。1月の方向性が年間の方向性を決め安い。
2月 ・1月の流れを引き継ぐことが多い。
・輸出企業の社内レートが決まる。
節分(2/3)天井・彼岸(3/20)底
3月 ・日本企業の決算期。円高要因。
・欧米企業の4半期。
決算対策で公的な買いが入りやすい
4月 ・日本企業の期首。海外投資活発、円安要因。
・GWで日本人が海外旅行へ。円安要因。
-
5月 ・年金基金の投資先が決まり始める。 -
6月 ・欧米企業4半期。
・6-8月は市場が閑散としている時期。
7月 特記事項なし。ただし、サプライズがあることも。 -
8月 ・夏休み。市場は閑散となりがち。 国内ディーラーは甲子園を観戦中
9月 ・日本企業中間決算。円高要因。
・欧米企業4半期。海外投資家の節税売りもある。
・過去にアメリカテロが発生した月。
-
10月 ・閑散とした市場から動き始める時期。
・年金基金の決算対策売り。
10月効果(米株底)
11月 ・米国感謝祭の休暇。休暇前に調整が入ることも。
・新しい方向性に動き傾向にある時期。
-
12月 ・欧米企業決算期。ドル高要因。
・クリスマスシーズン前の2週までが勝負。
その後、トレーダーは休暇に入り、市場は閑散。
・年末年始は再び動きが大きいことが多い。
-

2017/04月の人気キャッシュバックTOP3
主要ネット証券5社の中でFX取引金額No1と人気。最大100,000円キャッシュバックキャンペーン中。
1000単位以上のFX取引で、現金5000円プレゼント。最大80,000円。
新規FX口座開設後100万通貨以上で3000円、最大25,000円キャッシュバック。