FXは「ある通貨を買い、ある通貨を売る」売買です

ファンダメンタルズとテクニカルによる分析が基本です

純金積立もできる楽天証券最大100,000円分の楽天スーパーポイントのキャンペーン。

FXは「ある通貨を買い、ある通貨を売る」取引です

今まで、外為FXの超基礎的な知識とメリット・リスクなどを伝えてきました。では、実際にはどのように取引をするのでしょうか。

基本的には、「ある通貨を買い、ある通貨を売る」取引をすることになります。一般的には、円とある通貨の取引となります。例えば、「円を売ってドルを買う」といった取引です。

株の場合だと「トヨタを買う」とか「ソニーを売る」ですが、その点が異なりますね。

ただ、外為FX投資は、取引業者のシステムの規模によって「豪ドルを売って、ドルを買う」とった取引も可能です。その理由は、豪ドル円の比率とドル円の比率を計算して、取引が可能なのですが、難しいので次のイメージで良いと思われます。

外為投資は、例えば30万円の証拠金を預け入れれば、取引業者が決めた金額の範囲内で、自由に為替取引が出来る投資だ」と。

さて、仮にドル円で取引をする場合、「ドルを買って円を売るか」・「円を買ってドルを売るか」、どちらかを決めなくてはなりません。

為替相場はファンダメンタルズとテクニカルによる分析が基本です

その際の判断になる代表的な材料として、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析があります。

ファンダメンタルズ分析とは、国の経済力を計るための「経済の基礎的な条件」と略され、具体的には、「経済成長率」「国際収支」「金利」「物価上昇率」「失業率」などが挙げられます。

2004年には、国際収支に注目が集まりドル安となりました。いわゆる、米国の双子の赤字と呼ばれるものです。逆に、2005年には「金利」に注目が集まり、ドル高となりました。

一方、テクニカル分析とは、過去の為替変動をチャート化し、今後の為替の動きを予想するものです。代表的な「ローソク足」に加え、「移動平均線」「相対力指数」「MACD」「一目均衡表」などがあります。

また、上記2つ以外にも、星の動きを判断にする方もいます。満月の日に「人民元の切り上げがある」などでしょうか。あるいは、単に野生の勘で取引をする方もいるかもしれません。

そうした判断材料を元に、「ドルを買って円を売るか」・「円を買ってドルを売るか」を決めます。

以下、初心者でも理解できる勉強方法をお伝えします。

ファンダメンタルズ分析の入門ならカリスマ受験講師細野真宏の経済のニュースがよくわかる本 世界経済編

ベストセラー作家で元カリスマ受験講師、細野真宏の著。おそらく、今一番日本で分かりやすい社会分析の書籍を書く能力がある。学者や投資会社顧問の書籍と比べても、その分かりやすさは郡を抜いている。他の人の本を読まなくても、細野氏の書籍はすべて読んでおきたい。

テクニカル分析の入門なら、投資の王道 実践編[通貨証拠金取引]

人気個人投資家で元ファンドマネージャー、新井邦宏の著。著者の本は、テクニカル分析に重点を置いている。テクニカル分析を勉強したい初心者に向いている。

相場観の入門なら円安vs円高

モルガン銀行で成功したディーラー、藤巻健史の対談書籍。通称、伝説のディーラー。ちなみに彼は長年、円安派。なぜ円安だと思うのか読んでみよう。

市況入門の実践編

その他、業界最大手外為どっとコムに口座開設をすれば入金しなくてもロイターやFX-Waveといった通信社の市況を見ることが可能。つまり、無料。上記の本を一通り読んで、外為どっとコムで日々の市況を見れば、為替が動く要因を知ることができる。

外為どっとコムは無料Webセミナーの主催もよくしています。毎月、為替業界の著名人を招き、ネット上でセミナーを行っている。ファンダメンタルズからテクニカルまで幅広く扱っています。

上記の本やWebを通じてのセミナーで基礎知識を学べば、TVや新聞のニュースで得る為替情報よりもすぐに詳しくなれる。

そうなると、次は為替ではなく、取引自体を学ぶ必要が出てきます。

2017/05月の人気キャッシュバックTOP3
主要ネット証券5社の中でFX取引金額No1と人気。最大100,000円キャッシュバックキャンペーン中。
1000単位以上のFX取引で、現金5000円プレゼント。最大80,000円。
新規FX口座開設後100万通貨以上で3000円、最大25,000円キャッシュバック。