FXとは各国の通貨を対象とした為替取引です

特徴はスワップ金利とレバレッジです

純金積立もできる楽天証券最大80,000円分の楽天スーパーポイントのキャンペーン。

FXとは外国為替取引の略称です。外為投資などとも呼ばれています

FXとは、昨今注目を浴びている「外国為替証拠金取引」の略称です。他には、「外為投資」などとも呼ばれています。外貨・為替を対象とした金融商品のひとつです。

外為投資では、日本国通貨と外国通貨の売買を行い、資産を増やすことが可能です。具体的には2通りの方法があります。

高金利通貨に投資するスワップ金利とレバレッジ取引が特徴です

1つ目は、為替の変動を予想することによって、売買益を得る方法です。金融投資の正統的な手法です。

2つ目は、各国の金利差を利用して、金利収入を得る方法です。この金利収入のことを、スワップ金利(スワップポイント)と呼びます。外為投資では、2つ目の方法を利用する投資家のことを俗に、スワップ派と呼びます。

前者に関しては、例えば、100万円を元手に1ドル=100円の時に10万ドルを購入し、1ドル=120円の時に1万ドルを売却。資産は3倍の300万円になります。外為投資では、元手以上の投資が可能です。これをレバレッジ投資と呼びます。

後者に関しては、例えば、100万円を元手にドルを10万通貨購入。日米金利格差により、一日約1000円程度の金利収入になります。

2005年7月に法改正が行われ、安全な投資環境が整いつつある中、株に変わる新しい投資対象として、注目を浴び始めています。

人気の理由は、他の投資対象よりもメリットが多いこともありますが、制度的に外国為替法(外為法)が、1998年に改正になったことが、その突端となっています。

1998年以前は、銀行のように免許を持っているところしか外国為替の売買を行えませんでした。しかし、改正後、今では誰でも外国為替を売買することができるようになりました。 つまり、金融ビッグバンによって、外為市場が万人に開放されたのです。

また、2000年に入り、技術的なインターネットの発展により、個人でも株や外為の取引を気軽に行えるようになったこともその一因です。

さらに、年金・社会保障問題が叫ばれる中、個人が自己責任によって、金融取引を行わなければならない、社会的な変化も起こり始めています。

特に、2004年からペイオフが解禁され、銀行に預けている預金は1,000万円までしか保護されなくなりました。さらに、日本の銀行に預金を預けていても、金利収入はすずめの涙ももらえません。

しかし、米ドルや豪ドルなどは4%以上の金利が発生しています。そうした高金利通貨に対して、日本の個人マネーが動き始めていることも背景です。

つまり、自分の将来に対して、自己責任によって、自分の資産を増やし運用しなければならない時代が到来。それに見合った投資が、外為投資なのです。

もちろん、金融商品は様々です。まず、銀行への日本円としての預金。さらに、株や国債、投資信託。そして、外貨投資。また、外貨取引の中には、外貨預金や投資信託を通じた外債投資に加え、このサイトの対象である外為投資があります。

様々な金融商品の中でも、外為投資には、他の商品にはない様々なメリットがあります。それをまず説明し、その後リスクも紹介していきます。

ただ、結論を最初に述べれば、外為投資とは時代が要求する自己責任で自分のお金を守り、増やしていく投資スタイルにあった、「通貨間の売買によって、利益を上げる投資方法」といえるでしょう。

2017/11月の人気キャッシュバックTOP3
主要ネット証券5社の中でFX取引金額No1と人気。口座開設だけで200ptもらえる。
1000単位以上のFX取引で、現金5000円プレゼント。最大80,000円。
新規FX口座開設後100万通貨以上で3000円、最大30,000円キャッシュバック。